渕本 吉貴(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)- コラム「休日明けの朝一に、融資の相談はしないこと!」 - 専門家プロファイル

渕本 吉貴
豊富な融資審査経験を有する資金繰りコンサルタントです!

渕本 吉貴

フチモト ヨシタカ
( 東京都 / 起業・資金調達・事業再生コンサルタント )
株式会社FPコンサルタント 代表取締役
Q&A回答への評価:
4.9/9件
サービス:13件
Q&A:21件
コラム:1,207件
写真:10件
お気軽にお問い合わせください
03-3226-7272
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

休日明けの朝一に、融資の相談はしないこと!

- good

2010-06-14 08:36

銀行融資での資金調達、金融円滑化法を利用した返済猶予(リスケ)での経営改善・事業再生、起業・創業コンサルタントの銀行対策.comの渕本です。

銀行融資で資金調達をしたい方々などへ、いろいろなことを銀行対策.comのホームページやこちらのコラムでご紹介しています。

今回は、「休日明けの朝一で、融資の相談はしないこと!」です。

月曜日など休日明けの朝一番で、アポなしで、融資の相談に行ってはいけません。

なぜかと言うと、銀行員は、「性悪説」で疑り深い人種だからです。

休日明けの朝一番で、アポなしで、融資の相談に来るということは・・・

「資金繰りが厳しく、他行で融資を断られ、休日の間に、親族などにお金の相談をしたけどダメだったのではないか?」
「だから、休日明けの朝一で、うちに来たのではないか?」

などと疑うのです。

私が、銀行で融資係りに配属された時に、上司に言われたことでもあります。

「月曜の朝一で、融資の相談に来る一見のお客には、気をつけろ!」

最初から、疑いの眼差しで見られたら、進む話もスムーズにいきません。

融資の担当者が分かっているのなら、ちゃんとアポイントをとって、相談に行くようにしてください。

また、融資の相談をするなら、月曜の午後以降、金曜の午前中までにするのが良いと思います。

それは、なぜか?は、次回以降にコラムでご説明します。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真