相手が倒産してしまったときの留置権 - 民事家事・生活トラブル全般 - 専門家プロファイル

東郷 弘純
東郷法律事務所 代表
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相手が倒産してしまったときの留置権

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事家事・生活トラブル全般

相手方の所有する物品を預かっている場合には,それを売掛のいわばカタとしてお金に換えることができる場合があります。これは留置権というものです。法律解釈が難しい側面があるため,相手方所有の物が手元にある場合,弁護士等の専門家に留置権成立の有無を確認するのが安全です。

留置権については仮に認められないと不法に占有しているとして損害賠償を支払わなければならない場合もありうるので,注意が必要です。

このコラムに類似したコラム

宅地建物取引業法 村田 英幸 - 弁護士(2013/12/13 09:24)

社員のミスによる損害を身元保証人に請求できる? 中西 優一郎 - 弁護士(2013/05/17 19:23)

「一問一答集 著作権法・不正競争防止法」、その20 村田 英幸 - 弁護士(2013/04/26 16:50)

「行政書士合格テキスト(TAC)」、その9 村田 英幸 - 弁護士(2013/04/02 12:48)