コンテンツの内容 - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

コンテンツの内容

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
ウェブサイト戦略 天地人〜天の時・地の利・人の和〜

コンテンツの内容


コンテンツの内容には大きくわけて下記のようなものがあります。
・自社紹介(自社や商品の紹介)
・上記の活用方法・FAQなど自社に関連すること
・コラム
・関係情報

関係情報は集客の手段として使う場合もあります。
コラムはリピート対策に最適です。
活用方法などはきちんと理解してもらうのに重要で、
本丸は自社の紹介です。

自社の紹介はターゲットに魅力がある表現方法が必要です。
写真・文章がメインになると思いますが、
社員の声や商品開発の過程、ポリシーなど自社の魅力を伝える
内容を考えてください。
セミナーやメルマガの紹介もありです。

ここをどう作れるかが正否の大きなポイントになります。

ここまでに記載したことは要件設定(要件定義)です。
色々な分け方がありますが、考慮すべき点に下記が挙げられます。

・要件設定
・集客(SEO・SEM):ターゲットを集められるか?
 →SEO・SEM・メルマガ・
・コンテンツ:十分な内容があるか?
・デザイン:表現力
・機能:必要な機能
・ユーザビリティ・アクセシビリティ:様々な人・環境への対応
・メンテナンス計画:上記をどのようにキープするか?
・効果測定:アクセス解析

これらは全て連動しています。
SEOを考えるのに、コンテンツは重要ですし、
コンテンツ指針に機能は当然含まれます。
偏るのではなく、これらの視点を漏れなく検討し、コンテンツ指針を設計してください。


ホームページ制作
アクセス解析
LPO

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ウェブサイト戦略」のコラム

優先順位を明確に(2008/03/18 09:03)

ドキュメントを残す(2008/03/17 09:03)

餅は餅屋(2008/03/17 00:03)

ベクトルをあわせる(2008/03/16 09:03)