事業計画書の作成ポイント(6) - 確定申告 - 専門家プロファイル

東京都
税理士
03-3639-1881
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

事業計画書の作成ポイント(6)

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 確定申告
医院開業
 事業計画書の中には、医院で雇う従業員の人員計画を立てていかなければなりません。一般的に、診療所は開業時事務員2人、看護師1人というのが最小限の人員配置となります。診療科目によっては看護師さんが不要な場合もありますが、事務員は2人はいないと、1人が電話にでているとき、来院患者の対応や会計ができなくなってしまいます。あとは、診療時間が長かったり、日曜もやっているような場合には、人の数を多くしなければなりません。また、開業後の立ち上がりが良い場合には、早めに人の手配をしておかなければなりません。急に採用してもなかなか即戦力になる人は少ないからです。

人数が決まったら、次はその人を常勤とするか、非常勤にするかです。常勤であれば、看護師で、月給25万円、非常勤であれば、時給1500円、事務員で、常勤18万円、非常勤で時給900円くらいが相場になると思います。開業時は、経済性を優先すべき時期なので、パート中心の人員配置とし、患者がある程度来た段階で、暫時、常勤扱いにしていけばいいと思います。
人件費は、医院の経費の中でも大きな割合を占めるものです。全体として収入の20%くらいになるようにするのが、経営的に見て安全です。常勤非常勤の給料を決め、人数を決めて月々の人件費を計算した結果、資金が回らない場合には、常勤、非常勤の割合を変えたり、人数を調整して資金が回転するようにする必要があります。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)

病医院経営に必要なものは何か─医療専門の税理士にお尋ね下さい

私は医師や歯科医師の先生方が免許は1つでもそれぞれ専門をもっていらっしゃるのと同じ様に、税理士事務所の中でも医師、歯科医師、公益法人に特化した仕事をしています。先生方が必要としている事により応えられる事務所になるべく進化し続けてまいります。

03-3639-1881
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「医院開業」のコラム