別れという愛もある☆ - 恋愛全般 - 専門家プロファイル

Yuriel
人間関係専門・生きかたカウンセラー、潜在意識セラピスト
東京都
恋愛アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

別れという愛もある☆

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 恋愛全般

あなたのパートナーに対して、受け入れられないことがありますか。


ご飯の食べ方みたいなちょっとしたクセだったり、
お金の使い方だったり、
信仰の違い、
もしくは、暴力だったり……。



受け入れられないことがあると、わたしたちは

「なんとかしよう」とします。

多くの場合、まずは相手を変えようとするでしょう。

「注意する」
「お願いする」



それがうまくいかないときには、相手を理解しようとします。

「お父さんが厳しい人だったから」
「育った環境が落ち着かない場所だったから」

自分の考えを変えてみて、それが受け入れられたら解決です。




でも、受け入れられないこともありますね。

『A Course in Miracles(奇跡のコース)』では、

「ゆるしだけが、わたしたちの行うすべてのこと」といっています。


つまり、相手を、起こるできごとを

「受け入れる」ことが奇跡の道なのだと教えています。

受け入れられないことこそが、

わたしたちの不幸の本質といってもいいのです。


では、受け入れられないことを、どう受け入れたらいいのでしょうか。

時間が解決すると割り切り、

問題を見ずにいいところだけをみて過ごす、ということもできます。

そしてまた、ひとつの方法として「別れ」というかたちもあるように思います。

でも、特に結婚されている場合は、

「別れ」を選ぶことに罪悪感を持たれることもあるでしょう。

「病めるときも、健やかなるときも、死がふたりを分かつときまで」
愛し、支えると決めたのですから。


でも、それは「愛する」ということ。

「あなたの信仰が受け入れられない」
「暴力をふるうあなたをなんとかしたい」

パートナーの全部を受け入れられないとき、

わたしたちは、「ノー」のメッセージを送っています。
愛してはいないのです。


だとしたら、パートナーシップを解消して

理解できる距離をつくり、

相手のありのままを受け入れる、という選択もあるのではないでしょうか。



だから今日は、あなたがもし、

パートナーにどうしても受け入れられないことがあると感じていたなら、


「別れるという愛のかたちもある」ということを思い出してみましょう。


わたしたちは、出会うすべての人のなかに、

自分をみつけに地球に生まれてきました。
愛おしい完全な姿の自分をみるために。


あなたがもし、あなたの目の前の人に不完全さをみていたとしたら、
なにかが掛け違っているのです。


相手を変えることも、自分を変えることもできないと感じたら、

別れという選択もあります。


別れる、ということは決して、愛していないということではありません。

離れても、相手のありのままを受け入れる。
それも、ひとつの愛のかたちです。



もし別れを選んだとしても、相手を愛しつづけることはできるのです。

このコラムに類似したコラム

☆ルーク平野の「パーソナルブランディングシート」の申込を開始します! ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2014/03/02 16:06)

性依存症? 湯田 佐恵子 - 婚活アドバイザー(2013/07/28 06:33)

「結婚」とは?-人によって千差万別の結婚イメージ4 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2013/03/03 21:00)

「結婚」とは?-人によって千差万別の結婚イメージ3 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2013/03/01 14:00)

心のブライダルエステ3 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2013/01/25 14:00)