さらにその奥にはバスルームが - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

村上建築設計室 
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

さらにその奥にはバスルームが

- good

  1. 住宅・不動産
  2. インテリアコーディネート
  3. インテリアコーディネート全般
光が丘のサクラハウス
洗面台の向かい側(キッチン側から見て左奥側)には、透明ガラスによって仕切られたバスルームがあります。

壁も床も白い200角タイルを貼った、真っ白で清潔感のある空間。
光沢のあるタイルの壁やガラスに照明の光が連続して映し出され、よりいっそう洗面室との一体感が感じられます。また、奥の壁際に鏡を入れたため行き止まり感がありません。

マンションの水回りは窓が無く閉鎖的だったり、面積的に広く確保できない場合が多くありますが、光が丘のサクラハウスのように、バスルームと洗面室を壁で仕切らずガラスなどにすると、視線が抜け、実際よりずっと広がりを感じられる空間になりおススメです。「窓が無い、狭い」という欠点を逆手にとって、ホテルの水回りのようなプライベート感のあるスペースをつくるのもいいですね!

マンションリフォームの場合、「ユニットバスしかつくれないのでは?」と思っている方も多いようですが、そんなことはありませんよ。最近は防水設備も進歩して、集合住宅でもバスルームを自由につくる(「在来でつくる」と言ったりします)ことが容易になってきていると思います。
ユニットバスより少々コストがかかっても、デザイン・質感の違いは見ての通りです。時々マンションの管理規約で「ユニットバスとすること」と規定しているマンションもあるので、リフォームする際は必ず確認する必要がありますが、「マンションだからユニットバス」と思い込まず、幅広く可能性を検討されてはいかがでしょうか?

村上建築設計室

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
村上建築設計室 

時間が経つごとにその土地に根付いていく、そんな家を創ります

東京・青山にて夫婦で設計事務所を開設。機能的で自然な美しさを持つ、時に淘汰されない建築を目指しています。光や風、日常の瞬間が美しく感じられる空気感を大切にし、その空間に触れた人々が豊かで幸せになれるよう、少しでも貢献したいと思っています。

カテゴリ 「光が丘のサクラハウス」のコラム

トイレって・・・(2008/01/27 20:01)

長い部屋(2008/01/20 17:01)

櫻の間(2007/12/30 12:12)