決算書に騙される経営者にならないために - コラム - 専門家プロファイル

LBA会計事務所 代表
東京都
公認会計士・税理士
03-6272-6771
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

決算書に騙される経営者にならないために

- good

こんにちは。

将来型会計事務所LBAの岸井です。


儲かっているかどうかや、どのくらい儲かっているかはどうやって判断しますか?

「感覚」でしょうか?

感覚もとても大切ですが、多くの経営者は決算書も参考にしています。


ところが、この決算書が曲者です。

黒字になっていても、必ずしも儲かっているわけではありません。

赤字だからといって、必ずしも業績が悪いわけではありません。

決算書の成り立ちを知らないと簡単に騙されてしまいます。


たとえば「減価償却費」。

本来は規則正しく毎期計上していくものですが、赤字を回避するために計上額を減らしたり0にしたりしてしまうことがあります。

これによって決算書は黒字になるのですが、本来入るべきマイナス要素を省いて作っているだけなので、本当は赤字なんですね。経営者は始めは理解しているつもりが、段々そんな事情は忘れて、黒字の決算書だけが唯一真実として残ってしまいます。

「去年、このくらいの売上でも黒字だったな」

「うちって、よそより利益率いいな」

そんな勘違いをしてしまいます。


減価償却費に限らず、決算書には、本当の姿を見せないためのトラップがたくさん仕掛けられています。

決算書のトラップを見抜いて自社の本当の姿を認識して経営に活かすか、トラップに引っ掛かって迷走するか、結果は大きく変わってきます。


★役にたちそう!と思ったら、FBページに「いいね!」をお願いいたします。

コラムの更新情報や将来型LBAの情報が届きます!

将来型会計事務所LBA フェイスブックページ



~~~趣発見プロジェクト「異種異趣」もチェック!~~~~~~

趣発見プロジェクト異種異趣「サイト

異種異趣の「フェイスブックページ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 公認会計士・税理士)
LBA会計事務所 代表

人とビジネスの幸せ最大化が使命です

クライアント様の幸せを常に考えています。単に税金計算をするだけの会計事務所ではありません。クライアント様の事業に興味をもって最適なアドバイスを行っていくことが一番の貢献です。

03-6272-6771
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

ビジネス書雑感  フェイスブック進化論 藤田 信之 - 経営コンサルタント(2011/10/27 19:18)

将来型の今~LBAちらり2(海外親会社へのレポート) 岸井 幸生 - 公認会計士・税理士(2014/06/04 08:00)

将来型の今~LBAちらり1 岸井 幸生 - 公認会計士・税理士(2014/04/22 13:58)

「 小手先の技法ばかりを求めてないかな?」 辻 朋子 - 女性起業家コンサルタント(2013/09/10 14:24)

ヒトリゴト 川上 美佐 - 恋愛アドバイザー(2013/08/31 23:37)