IT企業の訴求ポイント - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

IT企業の訴求ポイント

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
IT化

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。
今日はITビジネスについてのお話です。

ITビジネス、特にWeb系ビジネスに携わる事業者は多種多様です。

大手ITベンダーから、中堅・中小ベンダー、さらにWebベンチャー企業、個人事業者など、企業規模の違い。

Webアプリ開発、インフラ構築、運用管理、パッケージ開発、クラウド型サービス提供など、事業内容の違い。

さらにスキルレベルの違い、アウトプットの違い、スピードの違い、価格の違いなどもある。

ましてやIT業界の用語の定義があいまいなため、各社で用語の使い方がまちまち。

表面的には同じようなソリューションやサービスであっても、実際の中身は大違いということも珍しくありませんし、ユーザー企業には分かりずらいセキュリティレベルや運用管理レベルの相違などもあるわけです。

こういった競争環境を勝ち抜くことが求められているわけですから、IT企業はユーザーにとって分かりやすい訴求ポイントが必要となるわけです。

自社の強みや差別化できるポイントを明確に伝えることは非常に重要。

自社がどれくらい強いのか、どれくらい顧客にとって魅力的なのかという視点で議論することで、自社の本当の立ち位置が分かるはずです。

浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IT化」のコラム

メガネ型ウエアラブル端末(2016/11/30 09:11)

このコラムに類似したコラム

インターネットビジネスを進める際の顧客視点の重要性 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2010/08/19 09:38)

2013年国内セキュリティソフトウエア市場規模 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/12/27 08:14)

IT活用における裏方の存在 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/07/17 10:20)

セキュリティセミナーのご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2012/11/21 09:40)

情報システムも裏方が重要 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2012/11/09 10:18)