●【「セミナー&講演」時の服飾戦略】 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

鴫原 弘子
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
越智 昌彦
(研修講師)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

●【「セミナー&講演」時の服飾戦略】

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
●イメージコンサルティング「見た目戦略」
こんにちは、しぎはらです。

先日、2冊目の本を出版された「社会保険労務士 内海正人氏」の
イメージコンサルティング・服飾スタイリングをさせて頂いた。
【社労士 絶対成功の開業術】

社会労務士という職業の持つ「信頼・安心」というイメージを基本に
多くの社会労務士の中でも、何に特化した社会労務士なのかという
「個人としてのブランド戦略」を基本に
講演・実務時・セミナーなど用途に合わせた
スタイリングを数パーターン用意させていただく事になった。

今回は、「講演・セミナー」会場のメインスピーカーの場合の
スタイリングの注意点をご紹介したい。

「派手」ではなく、「華」を意識する!
実は、ここを誤る人が9割もいる 。

例えば、広い会場で講演をする=目立つ色 !
単純に考えると「 派手& 目立つ色」となる
だが9割が「目立つ=安っぽい&下品」
になるという ドツボにはまる (*例えば〜演歌歌手風。)

ビジネスでは、派手な色ほど「品格」が必要。
「素材・柄・光沢のバランス」が要 となる。

広い会場に立つ場合の注意点は

●背景と同化する色は着ない
*グレーの壁の時はグレイは着ない

●照明に映える色を選ぶ
スポットなどの赤みの光=暖色の無地は避ける
*赤などは字模様のある折柄でテカリの出ない上質な光沢のネクタイを!
*蛍光灯の青みの光=暖色系は青みの光の下では
 本来の色よりもくすんで見えるので、この点を考慮し、発色の良い赤系を。

これらを踏まえ選んだのが画像のスタイリング
「エミリオプッチのネクタイ」。

ネクタイ単品では派手な印象に見えるが
フォーマル度の高い、淡いピンクのダブルカフスのシャツ
(*淡いピンクのシャツとカフスは女性ウケがバツグンです!)
黒い地織り柄のスーツを合わせる事で
「品格と華」のあるスタイリングに仕上がった。

●詳しくは【服飾戦略】
でご覧下さい。