最強の営業ツール - 不動産購入・契約 - 専門家プロファイル

楯岡 悟朗
きねや不動産株式会社 営業主任
東京都
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

最強の営業ツール

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産購入・契約

私は不動産購入のお手伝いを主要業務の一つとしております。

昔ならいざ知らず、今は物件を2,3件ちょいちょいって見て、

それで「決まり~!」なんてことはありません。


人生で一番高い買い物だけあって、

それに見合った時間がかかるものだと思ってます(かからない人もいます笑)。

数十件単位で見る人が当たり前で、

そんなお客様に紹介した物件の数だけでいったら、

それこそとんでもない量になっているはずです。


そうしたお客様に対して、私は通常どのようにフォローしているのかというと・・・

 

1.新規の物件が出る

2.以前紹介した物件と照らし合わせ、まだ紹介していない物件だったり、値下げした物件だったら・・・

3.ちょっとしたコメントを添えてメール、FAX、郵送で資料を送る


という作業を淡々と続けます。

物件に対する反応や感想がなくても送り続けます。

やがて数ヶ月もするとお客様の顧客ファイルは、

この写真のように物件資料で埋め尽くされます。


これ全部物件資料です。

このファイルのお客様はなんだかんだで1年位のお付き合いです。

もはや何件あるか分かりません(汗)。

 

「しつこい!」

「いちいち電話してくるな!」

 

と言われてしまうような、

不動産営業マン特有の、過度なセールスなど行わなくとも、

これだけ定期的に物件のご紹介、

情報提供を行っていれば、

自然にお客様との距離も縮まります。


この物件データの蓄積がその後、

より最適な物件をご紹介するための専用のデータベースになり、

比較検討するための材料になり、

物件をご説明するための専用のツールになります。


そしておまけとして、無事成約に至ったときこの資料は、

物件を探した時の思い出の品になります。

ご紹介した物件の数だけ思い出が残りますから。

 

「ああ、この物件を見に行ったときは子供が熱を出したっけな」

「大雨で大変だったな~、この物件は。」


最終的に自分が選んだ物件の良さも確認出来ますね。

私とお客様が協力して作り上げたこの「営業ツール」は、

無事取引が終わった段階で、

プレゼントして完成です。


いつも


「少しはお役に立てたかな~」

 

との思いを乗せて。

このコラムに類似したコラム

8/7≪アドキャストpresents*新築住宅購入セミナー≫ 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2016/07/11 14:15)

マンション、一戸建て購入などの契約・解約等のトラブルを解決します! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2015/10/16 14:00)

≪アドキャストpresents*新築住宅購入セミナー≫ 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2015/07/06 10:34)

諸費用280万円を約50万円にするテクニック 田中 勲 - 住宅Gメン(2015/04/18 17:50)

≪アドキャストpresents*GW特別企画≫ 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2015/04/06 11:06)