落合監督の決断−完全試合よりも日本一 - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

原島 洋
株式会社ウェブマスターズ 代表取締役社長 プロデューサー
東京都
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

落合監督の決断−完全試合よりも日本一

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
昨日(11/1)のプロ野球日本シリーズ第5戦で、
あと3人アウトにすれば完全試合だった山井投手を、落合監督は交代させました。
ひとりの走者も出さない完全試合はレギュラーシーズンでもめったになく、
日本シリーズで実現すれば史上初の出来事です。
中日ファンだけでなく、野球ファンの期待も高まっていました。
落合監督の決断は、その快挙実現を打ち壊し、試合の勝ちに徹するものです。

押さえの切り札である岩瀬への継投は中日の勝ちパターン。
この試合に勝つこと、さらには日本一を確定することに徹するなら妥当な采配です。
山井本人も交代を希望したと報じられています。
しかし、状況はあと3人で完全試合。それまで完全に抑えている。
ヒットを打たれてから交代した方が納得できる。
万が一、この試合に負けても3勝2敗でまだ有利。
なによりファンは期待している。

決断については賛否両論ありますし、
そのこと自身について論じるつもりはありません。
完全試合の夢をみる誘惑のある中、続投させる理由にも事欠かない中、
勝ちに徹した決断に感服します。
大きな目標を掲げながら実現しない現実があるとしたら、
こういう場面での決断が欠けているのではないか。
そんなことを考えさせる衝撃的な出来事でした。
 |  コラム一覧 |