3.「え〜、うっそ、ホント?」の具体例(その1) - 保険選び - 専門家プロファイル

大関 浩伸
株式会社フォートラスト 代表取締役 FP技能士
東京都
保険アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

3.「え〜、うっそ、ホント?」の具体例(その1)

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
ベンチャー企業・社長さんが検討すべき保険とは・・・
?火災で焼失したのに、ほとんど保険金が出ない!?

これは、焼失したものの時価評価額での査定がゼロに近い、あるいは、
実際の価値相応額に対して、付保額が低すぎる
(ex.3,000万円のものなのに、火災保険には500万円しか入っていない)
ケースです。


?.他人の財物を損傷してしまったので、賠償責任保険を頼りにしていたが、
示談交渉もままならない(誰も助けてくれない)ばかりか、被害者には、1円も保険金が払われない

これは、パンフレットと実際の支払・イメージが大きく異なる典型的事例です。

この賠償責任保険とは、一般的には、示談交渉サービスがなく、保険金は、「被害者でなく、加害者に」支払われるのです。

つまり、自動車保険のように被害者の直接請求が認められていないので、加害者(=保険加入者)が被害者に謝罪の上、示談交渉を行い、示談金を払い、それを保険会社に請求するものです。かなり、厄介ですね。

実際こんなことに遭遇したら、こんなの保険じゃない!って思ってしまいますよね。

(その2へ続く)