国際結婚・結婚ビザ入管申請時のポイント - 国際結婚・離婚 - 専門家プロファイル

碇谷 賢祐
フィット法務行政書士事務所 代表 VISAコンサルタント
東京都
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

国際結婚・結婚ビザ入管申請時のポイント

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 国際結婚・離婚

最近、国際結婚に伴う配偶者ビザについて不許可になってしまった方からのご相談が相変わらず多いです。

現在入国管理局では偽装結婚に対するビザの発給防止に非常に神経質になっています。そのため真実の結婚事案であっても不許可になってしまう事例が続発しています。

当然真実の結婚をした方々にしてみれば不満は大きいところですが、男女の気持ちの真偽を書面で審査しなければいけない入管の立場も多少は理解してあげましょう。その理解がビザの発給に繋がってきます。

では、どのような書類が申請の際のポイントになるのかについてですが、ケースを大きく二つに分けてご説明します。

一.ご夫婦が共に日本国内に居住している場合

この場合、ポイントは出会いから結婚までの経緯と、同居実態の立証の2点です。

出会いから結婚までの経緯については、結婚までの交際状況を出来る限り具体的に記載して審査官が自然であると思わせるような書類作成を心がけましょう。また、その内容を裏付ける写真、メッセージカードやプレゼントなども立証資料としてかなり有効です。交際段階からなるべく保存しておくことが許可への近道となります。特に交際期間が短かった方は注意が必要です。

同居実態については、夫婦の登録住所地が同じになっているのはもちろんのこと、生活状況が伝わるような自宅内の写真を数枚ご用意した方が良いでしょう。入管の審査官としては本当は全ての案件について自宅まで実態調査に行きたいところを、それはできないのでこの写真で補足してあげるわけです。なお、書類ではないのですが、申請後に入管から調査の電話が入ることがあります。普段からお互いの生活習慣を気にとめておくことが大切です。

二.ご夫婦が日本国内と海外で離れて暮らしている場合

この場合、ポイントは出会いから結婚までの経緯と、夫婦のコミュニケーションの立証に尽きます。

出会いから結婚までの経緯については、注意点は一.のケースと同じです。ただ、離れている分説得力のある書類作成は難しくなります。

そこで、コミュニケーションの立証資料が大切になってきます。ビザのことを考えなければ国際電話やネットを使ったテレビ電話でコミュニケーションは十分かも知れませんが、それでは何も立証資料を残せません。できるだけメールやFAXのやり取りをして記録を沢山残しておきましょう。プレゼントを贈った際の送り状控えや封筒なども捨てずに取っておきます。そしてこれらの資料は結婚に至るまでのもの、結婚後からビザ申請時までのもののいずれもご用意しておいてください。

 

以上が大まかなポイントです。ここに全てを書き切ることはできませんので十分なものとは言えませんが、大切なのは入管の審査官の立場に立った考察です。自分が審査官だったら何を確認できれば本当の結婚であると信じられるか、という視点でご自分の状況を分析してみてください。

 

このコラムに類似したコラム

四川料理 天禄園 田井 英三 - 行政書士(2010/10/06 10:43)

2016リオ・パラリンピックへ〜チケットの買い方〜 石野 恵子 - 英語講師(2016/09/06 13:40)

カナダに永住しよう! 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/07/22 22:01)

カナダに移民しよう! 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/07/02 14:33)

2016年カナダワーキングホリデー:画像付き申請方法 須長 幸子 - 留学アドバイザー(2015/12/16 00:04)