仮説検証を利用した Web サイト分析(2) - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

仮説検証を利用した Web サイト分析(2)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
アクセス解析・LPOの有効な活用方法 仮説検証を利用した Web サイト分析

仮説検証を利用した Web サイト分析(2)



前回のコラム『仮説検証を利用した Web サイト分析(1)』は、仮説検証を利用した Web 運営の考え方と、仮説の立て方について説明してきた。今回からは、実践編として最初に「行った Web プロモーションの成否」について検証を行う方法を考えていきたい。

Web プロモーションの成否を仮説検証で判定する



このコラムを読んでいる方の中にも、様々なプロモーションや広告を自社サイトに向けて行っている方は多いだろう。その中で、プロモーションの結果をどう判定しているだろうか。つまり、「プロモーションを行った結果が成功か失敗か」という点である。

例えば、2つの商品「商品A」と「商品B」を扱っている健康食品系の Web サイトを運営していたとしよう。その際に、「今月はAが売れそうなので、Web プロモーションを強化したい」と考える。これは、前回も説明した仮説立案である。

次に、月末にプロモーションの効果を判定するとしよう。その際のデータの見方が重要となる。今回のケースでは、「商品Aの強化」が今月のテーマとなるので、まず「商品A」に対する購入数や購入率、商品ページへの誘導数を見てプロモーションの成否を考えるべきである。商品Aへの誘導数が2倍、購入数が 1.5倍になれば、投じた費用や商品単価にもよるが、プロモーションによる効果があったといえるだろう。


アクセス解析
ウェブサイト制作

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アクセス解析・LPOの有効な活用方法」のコラム

仮説立案とは難しいのか?(2007/10/18 00:10)

仮説検証とアクセス解析(2007/10/17 00:10)