使用禁止の流れに巻き込まれる白熱電球の行く末 - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

松下 進
松下進建築・照明設計室 代表
東京都
インテリアコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

使用禁止の流れに巻き込まれる白熱電球の行く末

- good

  1. 住宅・不動産
  2. インテリアコーディネート
  3. インテリアコーディネート全般
光やあかり・あれこれ
最近白熱電球でなく、電球形蛍光ランプを使う方が増えてきました。
地球環境問題に対する意識が高まっていることをひしひしと肌で感じています。

国家レベルでも、オーストラリア、アメリカ・カリフォルニア州、EUなどが白熱電球の使用禁止という方向性を打ち出しており、世界的にその流れが加速しています。

実は日本でも省エネルギー法改正後には、蛍光灯と白熱電球で同じ省エネ基準になるということのようですが、電球形蛍光ランプと比べて約5倍の電力を消費する白熱電球は対抗しようがありません。
どんどん使用が抑制されていくことでしょう。

私も通常は電球形蛍光ランプの使用を勧めていますが、キャンドルから受け継がれてきた白熱電球の持つ温かみは忘れずにいたいなと思っています。