Eric Benét at Blue Note Tokyo - ボーカルレッスン - 専門家プロファイル

うえむらかをる
歌手 リズム・ボイストレーナー 音楽講師
東京都
音楽家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ボーカルレッスン

うえむらかをる
うえむらかをる
(音楽家)
田中 真由美
田中 真由美
(英語発音スペシャリスト)
本山nackeyナオト
本山nackeyナオト
(音楽講師 音楽プロデューサー トレーナー)
うえむらかをる
(音楽家)
本山nackeyナオト
(音楽講師 音楽プロデューサー トレーナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Eric Benét at Blue Note Tokyo

- good

  1. 趣味・教養
  2. ボーカルレッスン
  3. ボーカルレッスン
ボーカルレッスン ボイトレ(ボイストレーニング)、リズムトレーニング

先日ブルーノートでエリック・ベネイ(Eric Benét )を見る。

友人が先に行ってて、何と一番前に座っていたので何とも恥ずかしかったが、この環境を楽しむことにして、コールアンドレスポンスに思いっきり答える。
エリックの差し出すマイクに向ってシャウト&フェイク!喜んでもらえたみたい(^O^)

差し出す手にも思いっきり握手。
だって逆立場なら答えてほしいもん。
恥ずかしがったり無視したりされたら悲しいもん。
だって、一番前と言う事はその気遣いをしろ、と言う席ですから。

でも一番前だとフロントスピーカーの音が聞こえないので、声のエフェクター処理なんかがわからなかった。
サウンドのバランスも悪い。

ただ、あいかわらず、ミュージシャンはアメリカの底辺の広さを感じる。
4リズムのみのシンプルな構成。
空間を広く取った音作りは、こちらのストレスを解きほぐしてくれる。
癒しってこれなんだけどな〜。
ふにゃ〜と、やる気をなくさせる音楽が癒しなんかじゃない!!
(おばさん、怒っちゃうぞ〜)

エリックの歌は、ファルセットを多用していても、そのファルセットが力強いのでビート感溢れる。
スモーキー・ロビンソンや、フィリップ・ベイリーにも影響を受けていそうだ。
ギターはイントロで、まさしくデヴィット・Tだと思わせるフレーズがあって、私はにんまり。
そして、ワウワウを多用するカッティングは私好み!!

もちろん、ドラムはご機嫌なビートをきざみ、2メートルはあろうかと思われるベースプレーヤーの6弦ベース(アレンビック?)も良い音してました。

ああ、日本では、ドラムとベースが少なくなってる。
向こうはあんなリズム隊がうじゃうじゃいるんだろうと思うと、何ともうらやましい。(>_<)

帰宅しても疲れていませんでした。
肩こりもなくなってたかな?(^O^)

このコラムに類似したコラム

ヘッドホンを買う! うえむらかをる - 音楽家(2012/11/06 01:24)

歌手になるための30ヶ条 田中 真由美 - 英語発音スペシャリスト(2014/11/18 11:50)

トニー・ベネットのドキュメント うえむらかをる - 音楽家(2013/11/11 12:00)

今日はライブ!! うえむらかをる - 音楽家(2013/10/21 10:35)

音楽に於ける「時間」の感覚 うえむらかをる - 音楽家(2013/10/12 00:49)