インテリアも衣替え - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

石井 純子
Office-j 
埼玉県
インテリアコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
石井 純子
(インテリアコーディネーター)
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

朝晩は肌寒いくらいですが、日中は気持ちが良くて過ごしやすい時期ですね。半袖を仕舞い、長袖の出番です。さて、クローゼットだけでなく、インテリアの衣替えも計画しませんか。

夏に続き、この冬も節電が求められますね。そうでなくても、エネルギーを使わずに、暖かさを演出する方法はたくさんあります。

その一つがインテリアの衣替え。

お使いのカーペット、さらっとした夏仕様ではないですか。

クッションカバーを暖かい素材に替えることも効果的。

そして、視覚効果も大きいので、色を暖色に替えるだけでもずいぶんと違います。

青やグリーンなどは、見た目にも涼しげで、夏は爽やかな印象が気持ち良いですね。ところが、冬は違います。寒々しくて、見ているだけでも寒さが倍増。そういう時は、やはり暖色のオレンジや赤を使いましょう。

全てを交換することはかなり難しいですが、クッションカバーや小物だけでも効果があります。ソファにもカバーを掛けると、比較的簡単に暖かい雰囲気を演出できますね。

そして、インテリアの衣替えとあわせて、ぜひ大掃除も済ませたいところ。

真冬の辛い時期ではなく、今の季節なら体を動かすことも億劫ではありません。晴れていれば日差しもたっぷりなので、洗ったカーテンやカーペットなどの大物も乾きやすいですね。

そして何よりもこの時期は、ダニが一番多い時期だとか。さっぱりときれいになった空間を冬仕様に整えれば、年末に慌ただしく動くことも避けられます。

週末や連休を利用して、家族一緒にいかがでしょうか。

インテリアを整えることは特別なことではありません。毎日を快適にするために欠かせないことなのです。小さなことから、まずは習慣になるまで続けてみてくださいね。

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

高い天井が空間を演出します! 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2012/11/08 13:00)

狭小住宅のインテリアシリーズ  14 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2012/04/12 10:24)

クッションの形って… 石井 純子 - インテリアコーディネーター(2012/03/04 16:25)

寝室を整える 石井 純子 - インテリアコーディネーター(2011/09/18 18:51)

間違いだらけのカーテン選び  ~色と柄 (白神話?)~ 丸山 千里 - インテリアデザイナー(2010/11/05 17:57)