不動産担保で融資枠が広がる? - 銀行・金融機関対策 - 専門家プロファイル

株式会社FPコンサルタント 代表取締役
東京都
起業・資金調達・事業再生コンサルタント
03-3226-7272
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:財務・資金調達

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
本森 幸次
本森 幸次
(ファイナンシャルプランナー)
高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
宮田 幸治
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不動産担保で融資枠が広がる?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 財務・資金調達
  3. 銀行・金融機関対策
融資について全般

中小企業の資金繰り改善を解決します!

融資対策コンサルタントの銀行対策.com の渕本です。

よくある間違いなのですが・・・

不動産担保で融資枠が広がる

というものがあります。

例えば、不動産担保として、

◆ 根抵当権が1億円設定されていて

◆ 借入が、8000万しかなくても

◆ 残りの2000万の融資は、約束されてはいません

追加融資が受けられるためには、

◆ 追加融資をしても、返せるか?

という融資審査が通る必要があるのです

結局は、不動産担保があっても、返済原資がなければ、借入はできないのです。

確かに、担保があれば、万が一、借入の返済ができないときに、

◆ 担保処分による、融資の回収

ができるので、銀行としては、リスクが少ないのですが・・・

最初から、担保処分を目的とした融資は、禁じられてます。

*不動産の売却までの「つなぎ融資」などは、別です。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
株式会社FPコンサルタント 代表取締役

豊富な融資審査経験を有する資金繰りコンサルタントです!

元銀行融資審査役職者の資金繰り改善・銀行取引対策コンサルタント。起業段階から上場企業まで、豊富な融資審査経験あり。返済猶予(リスケ)による事業再生、債権回収業務も担当。中小企業の資金繰り支援で、より実践的なコンサルティングをしています。

03-3226-7272
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「融資について全般」のコラム

このコラムに類似したコラム

個人借入の相続問題:応用編を書き終えました!(融資審査の本音塾) 渕本 吉貴 - 起業・資金調達・事業再生コンサルタント(2013/11/18 19:05)

銀行に借入の相談をする場合に注意することを教えてください(融資の相談) 渕本 吉貴 - 起業・資金調達・事業再生コンサルタント(2013/11/14 09:08)

中小企業の融資取引対策:資金繰りが厳しい会社と見られないようにしてください。 渕本 吉貴 - 起業・資金調達・事業再生コンサルタント(2013/03/29 17:11)

ABL(動産・売掛金担保融資)について(銀行融資対策) 渕本 吉貴 - 起業・資金調達・事業再生コンサルタント(2013/02/13 20:13)

銀行交渉ができる役員がいれば・・・ 渕本 吉貴 - 起業・資金調達・事業再生コンサルタント(2012/11/30 09:08)