団体信用生命保険の特約にはご注意を! - 保険選び - 専門家プロファイル

BYSプランニング ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
森 和彦
森 和彦
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

団体信用生命保険の特約にはご注意を!

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
生命保険の豆知識
住宅ローンを組む時に、金融機関から必ず「団体信用生命保険」に加入して下さいと言われます。
この保険は保険会社が引受けしますが、窓口はローンを組む銀行です。
 
この「団体信用生命保険」に最近「三大疾病保障付き」「八大疾病保障付き」などの病気に関する特約が付いたタイプがよく出回っています。
これらの特約をつけると、ローン金利がアップ。 
その病気にかかって一定の条件を満たした場合、残りのローンの支払が免除になりマイホームにそのまま住み続けることができるという内容です。

ではその一定の条件というのがどういうものなのか?
特定疾病(3大疾病)とは、がん、脳卒中、急性心筋梗塞
 
保険約款にはどういう風に書かれているかというと、
?がん・・・悪性新生物であれば支払免責。ですが、皮膚がんや上皮内がんでは支払免除にはなりません。
また責任開始日から90日以内の乳房の悪性新生物も対象外です。
 
?脳卒中・・・発病して、その疾病により初めて医師の診断を受けた日から、その日を含めて60日以上、言語障害、運動失調、麻痺などの後遺症が継続したという医師の診断書が出れば支払免除されます。
  
解りやすい言葉にすれば、「喋れない」か「動けない」か「24時間麻痺が続いている」状態が「60日以上継続」しないと支払免除にはなりません。
   
?急性心筋梗塞・・・発病して、その疾病により初めて医師の診断を受けた日から、その日を含めて60日以上、労働の制限を必要とする状態が継続したという医師の診断書がでれば支払免除されます。

この特約は単なる心疾患では×、また心疾患の中でも狭心症も×、しかも「急性」の虚血性心疾患だけしか免除対象になっていないわけです。

住宅購入をご検討されている方は、これらの特約は、支払免除条件が厳しいということを理解した上で「三大疾病保障付き団体信用生命保険」をご検討下さい。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

カテゴリ 「生命保険の豆知識」のコラム