中小企業子育て支援助成金改正ポイント - 医療経営全般 - 専門家プロファイル

原 聡彦
合同会社MASパートナーズ 医業経営コンサルタント
大阪府
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:医療経営

原 聡彦
原 聡彦
(経営コンサルタント)
原 聡彦
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

中小企業子育て支援助成金改正ポイント

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 医療経営
  3. 医療経営全般

こんばんは。医業経営コンサルタント
原聡彦(はらとしひこ)です。

本日は、中小企業子育て支援助成金にかかる平成23年4月1日付け改正ポイントをまとめました。

1.支給金額が変わりました。
旧)1人目 100万円 2~5人目 80万円
新)1人目 70万円 2~5人目 50万円

2.支給要件が変わりました。
1)労働協約あるいは就業規則は、改正育児・介護休業法に沿った育児休業制度だけでなく、育児短時間勤務制度についても、支給申請前に規定しておく必要があります。
また、業務の性質上、育児短時間勤務制度の適用が困難な労働者を、労使協定により除外している場合は、代替措置も規定しておく必要があります。

2)育児休業開始日から終了日までの期間中、育児休業とみなすための日数の目安が変わりました。
旧)開始日から数えて1か月ごとに週休日を含め20日以上休業していること
新)開始日から数えて1か月ごとに就業日数が10日以下であること

3.支給申請期限が延長されました。
旧)平成23年度末(平成24年3月31日)までに支給要件を満たした場合まで申請が可能
新)平成23年9月30日までに育児休業を終了し、終了日の翌日から1年継続勤務をして平成24年9月30日までに支給要件を満たした場合まで申請が可能。

中小企業子育て支援助成金の要件チェックシートと提出書類を確認頂き、自院がこの助成金を受給できることができるかどうかご検討頂くことをお勧めします。

最後までお読み頂きありがとうございました。感謝!

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

NECネクサソリューションズ医業経営者向けのポータルサイトのコラム 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2013/10/05 20:42)

介護事業者様向けミニセミナー&情報交換会を開催します 小田 和典 - 税理士(2012/11/05 22:14)

介護報酬改定に対応した経営相談 小田 和典 - 税理士(2012/03/20 23:03)

ウオッチ2012年介護報酬改定 リハビリテーション編 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2012/01/13 16:05)