見る・聴く・触れることの大切さ - 男女の悩み・問題 - 専門家プロファイル

阿妻 靖史
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)
ヒロコグレース
(恋愛、婚活、夫婦関係アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

見る・聴く・触れることの大切さ

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 男女の悩み・問題

恋愛セラピストあづまです。

男女の違いを考えるときに、私がよく引き合いに出す例があります。

職場で上司が、部下に仕事を丸投げしたとします。
「キミのことを信用しているから。この仕事は任せたよ。」

部下が男か女かによって、この一見の受け取り方は真逆になります。

男性の不安は「俺は役に立っているのか?」というものです。
女性の不安は「私は気にかけてもらえるのか?」というものです。

男性はこういう状況下で、一人で大変な面もありますが、もしやり遂げれば、むしろ充実感を感じるものです。「自分がやり遂げた」と。

女性はこういう、自分一人に全部責任が覆い被さってくるような状況が苦手です。放っておかれて孤独感を感じて、辛くなってしまうことが多いのです。


さて、このような男女の違いを踏まえて、夫は妻に何をしたらよいのでしょうか。

基本は、妻を精神的にひとりぼっちにしないことです。

では夫が何をしたら、妻は「ひとりぼっちではない」と感じるのでしょうか?


それは、妻が「視覚」「聴覚」「触覚」のどのタイプかによります。
視覚的なタイプの人は話すのが速く、物を買うときも見た目を大事にします。仕事では読む・書く・デザインするなど、視覚に関わることが得意です。
聴覚的なタイプの人は話す速さは中ぐらい、物を買うときは人に相談したりします。仕事では資料があっても説明された方が分かりやすく、話し合いを通じて理解していきます。
触覚的なタイプの人は、話す速さがゆっくりの場合が多いです。物を買うときに着心地・使い勝手などの触った感じを大事にします。仕事では、実際に体験して理解していきます。

視覚的なタイプの場合、笑顔を見せる。
聴覚的なタイプの場合、話を聴く。
触覚的なタイプの場合、体に触れる(なでる、マッサージするなど)。

もちろん、全部やった方がいいのですが、もし優先順位をつけるなら、相手のタイプに合わせた部分は欠かさずやった方がいいですね。

そうやって、「私はひとりぼっちではない」と感じた女性は、感情豊かで笑顔が優しく、女神のようになっていきます。逆に孤独にされて、満たされず、不満やイライラを募らせた女性は、とげとげした感じになっていきます。

いずれにしても、妻の幸せ度は、夫の側に返ってくるのです。

見る・聴く・触れるを大切にして、
夫婦円満を図ってください。

「男性向きのアドバイス:女と男の心のヘルス」

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

「失恋は運命の人と出会うためにある」 ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2013/06/04 09:00)

心のブライダルエステ1 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2013/01/18 14:00)

自他の時間を大切にすると、人間関係が良くなる 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2011/09/16 14:00)

視野が狭いと夫婦は仲間割れする2 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2011/08/21 21:00)

男性は、非言語のメッセージに無自覚に反応する 2 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2011/07/10 21:00)