経営者の意思決定のリスクを最小限にするための6つのポイント - 医療経営全般 - 専門家プロファイル

原 聡彦
合同会社MASパートナーズ 医業経営コンサルタント
大阪府
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:医療経営

河野 理彦
(行政書士)
原 聡彦
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

経営者の意思決定のリスクを最小限にするための6つのポイント

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 医療経営
  3. 医療経営全般

こんばんは。医業経営コンサルタント
原聡彦(はらとしひこ)です。

本日は、経営者の意思決定のリスクを最小限にするための6つのポイントについてお伝えしたいと思います。

経営者という立場は、幹部や従業員から判断を求められそれらの判断事項について何らかの意思決定をしなければなりません。経営者の仕事は日々、大なり小なり絶え間なく意思決定することと言ってもいいと思います。

経営者2年生の私も頭ではわかっていた事なのですが、いざその立場に身を置くと想像していた以上にたいへんな事であり、ついつい意思決定を先延ばししたくなります。そこで、意思決定をスピーディに、かつ、意思決定を誤らないために私が活用しているチェックポイントを紹介したいと思います。

1.そもそも何を決定するのか(ゴールセッティング)?
2.目的は何か?
3.実行したときのリスクは何か?
4.業務プロセスに不都合はないか(他の選択肢はないのか)?
5.期限はいつまでか?
6.進捗状況を把握するために報連相はいつ行うのか?

上記の6つの視点でチェックしていくと、幅広い視点で意思決定が可能になるのでご参考にして頂ければと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。感謝!

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

NECネクサソリューションズ医業経営者向けのポータルサイトのコラム 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2013/10/05 20:42)

ウオッチ2012年介護報酬改定 リハビリテーション編 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2012/01/13 16:05)

医療法人化のメリット・デメリット 河野 理彦 - 行政書士(2012/01/11 17:33)

診療所における看護師求人でハローワークをフル活用した事例 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2011/05/08 13:28)