医療機関における小冊子作成と活用のポイント - 医療経営全般 - 専門家プロファイル

原 聡彦
合同会社MASパートナーズ 医業経営コンサルタント
大阪府
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:医療経営

原 聡彦
原 聡彦
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

医療機関における小冊子作成と活用のポイント

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 医療経営
  3. 医療経営全般

こんばんは。医業経営コンサルタント
原聡彦(はらとしひこ)です。

本日は、自院の強み、特徴を伝えるために小冊子を作成している医療機関が増えています。本日は、小冊子作成と活用のポイントをお伝えします。

1.患者を啓蒙・教育する内容にする。
患者教育なくしてファンはつくれませんのでぜひ教育できる内容にしておくことは必須です。

2.治療の意思決定権者に説明できる内容にする。
治療を選択する際、治療を受けている患者自身が必ずしも治療の意思決定権者ではないので、その小冊子をもって患者さん自身が家族に説明できる内容にしてください。

3.小冊子をテキストにしてシリーズの勉強会を開催する。
健康相談会を開催している医療機関も増えているが、なかなか長続きしない。長続きしない理由はネタ切れになることが圧倒的に多いので小冊子をテキストにシリーズで勉強会を開催する。小冊子をテキストにした同じ内容の勉強会をやればネタに困ることはないですし、同じ内容を繰り返し行うので自動的にブラッシュアップできる。


小冊子は作るだけでは意味がありません。活用方法まで考えた内容にして初めて効果が出てきますので、上記のポイントを踏まえて小冊子を作成し活用していただくことを提案します。

最後までお読み頂きありがとうございました。
感謝!

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

NECネクサソリューションズ医業経営者向けのポータルサイトのコラム 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2013/10/05 20:42)

ウオッチ2012年介護報酬改定 リハビリテーション編 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2012/01/13 16:05)

医療法人化のメリット・デメリット 河野 理彦 - 行政書士(2012/01/11 17:33)

診療所における看護師求人でハローワークをフル活用した事例 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2011/05/08 13:28)