クリニックの良さ(こだわり)を見える化するポイント - 診療所の経営と開業 - 専門家プロファイル

原 聡彦
合同会社MASパートナーズ 医業経営コンサルタント
大阪府
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:医療経営

原 聡彦
原 聡彦
(経営コンサルタント)
原 聡彦
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

クリニックの良さ(こだわり)を見える化するポイント

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 医療経営
  3. 診療所の経営と開業

こんばんは。医業経営コンサルタント
原聡彦(はらとしひこ)です。

本日は、弊社のご支援先の事例でクリニックの良さ(こだわり)を見える化するポイントをお伝えします。

1.院長が実施している治療のこだわりを見える化する
治療技術の事はスタッフや患者さんに刷り込むぐらいの気持ちで繰り返し繰り返し伝え説明することで初めて理解されるものです。「何回も伝える事が恥ずかしい。」「同じ事を言うのはしつこいのでは・・・」という先入観は捨てて頂きたい。

2.院長、スタッフをスターにできる院内掲示を有効活用する。
多くの医療機関では院内掲示は医師会からの予防接種等のお知らせや案内を掲示している。本当にもったいないことをしている。待合室の掲示物は結構、患者さんはよく見ていることを認識頂きたい。院長であれば認定医の認定証の掲示、スタッフ一人一人の患者さんへのメッセージを掲示しているだけでも話題にのぼる。

3.クリニックの広報誌、院内新聞でクリニックの活動を見える化する
病気の事だけではなく、院長、スタッフの趣味や日常がわかるアットホームな内容が記憶に残り患者さんとの会話の話題になります。また、良い人間関係を構築できている患者さんにインタビュー記事を掲載するのも良いでしょう。

4.ブログ、ツイッターでタイムリーな情報を発信する
ブログは日々の情報を伝える事ができ、ツイッタークリニックの活動を短文で実況中継できる。いづれも継続的な情報発信をすることで患一元患者をファン患者に変える効果が出ている。

5.患者さんとのコミュニケーションを見える化する
患者さんの創作物(絵、写真など)の掲示する事や院内で実施したレクの写真など患者さんとの密接な人間関係をPRする。

以上です。とかく日本人は、PRすることを嫌う傾向にあるが、クリニックの良さやこだわりは、PRしないと伝わらないのではないだろうか?遠慮せずクリニックに合うやり方で、たくさんのクリニックの良さとこだわりを伝えて頂きたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。
感謝!

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

NECネクサソリューションズ医業経営者向けのポータルサイトのコラム 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2013/10/05 20:42)

ウオッチ2012年介護報酬改定 リハビリテーション編 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2012/01/13 16:05)

医療法人化のメリット・デメリット 河野 理彦 - 行政書士(2012/01/11 17:33)

診療所における看護師求人でハローワークをフル活用した事例 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2011/05/08 13:28)