T-house工事スタート - 新築工事・施工全般 - 専門家プロファイル

有限会社パルティータ 代表
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)
杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
田中 伸裕
(建築家)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

T-house工事スタート

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 新築工事・施工全般
T-house工事中継

パルティータ建築工房の森岡です。

当事務所で約1年かけて設計してきた、T-houseの工事が、昨年末より始まりました。
これから、工事進捗中継を、お伝えします。

設計のプロセス、設計内容についても、遡って書いていきます。

T-houseは、地下1階(RC)、地上2階(木造)の一戸建て住宅です。

敷地は、武蔵野の閑静な住宅地で、敷地面積は約28坪、
第1種低層住専の建ぺい率50%、容積率100%です。

施主は、夫婦と子供3人の5人家族で、この敷地に建つ2階建住宅に住んでいました。
既存住宅は、古い建て売り住宅で、耐震上、省エネ上、間取り上問題があり、建て替えることにしました。

容積率100%なので、目一杯建てても延べ床面積28坪で、5人家族には、少々狭いです。
結果として、地下を作ることにしましたが、この決定には、紆余曲折、さまざまな検討を行っています。

このあたりのいきさつは、設計編で詳しくお話ししたいと思います。


写真は、既存住宅の解体が終わり、整地したところ。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

このコラムに類似したコラム

「10月の真夏日」 清水 康弘 - 工務店(2011/10/17 09:33)

「高鼻の家」 清水 康弘 - 工務店(2013/12/05 16:27)

「エコガラスのHPに取り上げられました」 清水 康弘 - 工務店(2013/09/02 18:11)

「残っただけでも奇跡」 清水 康弘 - 工務店(2013/06/17 15:20)