屋根形態 - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

有限会社 ヨシダクラフト 代表取締役社長
栃木県
建築家
028-634-9474
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

屋根垂木が、規則正しく303ピッチに取り付けられた。

 

軒とケラバの出が91センチあるので、風や雪の重さにも耐えられるように垂木ピッチを細かくしている。

 

M-houseの屋根は、近頃の住宅には珍しく、ケラバを出している。

 

 

きちんと壁から屋根を出したほうが、雨が外壁に当たりにくくたり傷みにくい。

軒下の設備の劣化も軽減できる。

 

反対に軒やケラバの出ていない家は、雨の中で傘を差さずに立っている人間のようなもの。

人なら、洋服から雨が染みて風邪を引く。

それだけならまだ良いが、ずっと雨に濡れたままならどうなるだろう?

 

体調を壊してしまうだろう。

 

雨水の悪い影響を極力受けないようにするには、軒とケラバを出す必要がある。

 

最近、新築されている住宅を見てほしい。

日本の自然の摂理に反した、軒の出ていないBOX型の家が多いのかわかるだろう。

 

ヨシダクラフトでは、リフォームも多く手掛けている。

 

リフォームで、建物の完成後の様子を見ることが多いことから、屋根に勾配を取り、軒もなるべく出したいと考えています。

 

屋根についての考え方は、

弊社ホームページの長く暮らせる家の5をご覧ください。 

 

 

 

 

構造見学希望の方はお気軽にご連絡ください。

連絡先はこちら。info@yoshidacraft.net

 

リフォーム リノベーション 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト

注文住宅 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト  

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(栃木県 / 建築家)
有限会社 ヨシダクラフト 代表取締役社長

栃木県宇都宮市で注文住宅・リフォームならヨシダクラフト

栃木県宇都宮市の注文住宅・リフォーム専門の工務店です。リノベーション・大規模リフォームにも力を入れています。お客様との対話の中から、日々の暮らしを考えることで、心地よい居場所を造りたいと思います。

028-634-9474
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

M-houseの収納 吉田 武志 - 建築家(2012/02/03 09:29)

苦役列車 西村賢太 吉田 武志 - 建築家(2012/01/30 14:24)

アルミ小庇 吉田 武志 - 建築家(2011/09/07 09:34)

LED電球比較 蛍光灯と白熱灯 吉田 武志 - 建築家(2011/09/02 10:51)

太陽軒 栃木県宇都宮市ラーメン 吉田 武志 - 建築家(2011/08/31 14:05)