患者さんとの信頼関係を深めるのに役立つ傾聴のポイント - 医療経営全般 - 専門家プロファイル

原 聡彦
合同会社MASパートナーズ 医業経営コンサルタント
大阪府
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:医療経営

原 聡彦
原 聡彦
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

患者さんとの信頼関係を深めるのに役立つ傾聴のポイント

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 医療経営
  3. 医療経営全般

本日は医療機関のグループコーチングでよくお伝えしている「患者さんとの信頼関係を深めるのに役立つアクティブリスニング(傾聴)のポイント」についてお伝えします。

1.あいづち・うなずき
●「あなたの話をきちんと聴いていますよ」のメッセージ
●相手の話を促すメッセージ
●あいづちの例
「はい」「ええ」「なるほど」「そうでしたか」「そうなんだぁ」「へぇ」「それで?」「それから?」

2.キーワードの繰り返し
●相手の話の内容を確認
●「あなたの話を理解しています」のメッセージ
●また、繰り返しにより、話し手本人が内容の確認をすることもできる

3.要約・まとめ
●話が長くなったり、全部をおうむ返しできないとき

4.共感の言葉
●「大変だったのですね」「つらいのですね」「しんどいのですね」「楽しそうですね」「それはお困りですね」「それはご心配ですよね」「怖かったのですね」etc.

上記のポイントを踏まえたコミュニケーションの実践が患者さんとの信頼関係を深めていくことになると思います。ぜひ、チャレンジしてみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。
感謝!

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

歯科医院の初診カウンセリングのポイント(実践編) 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2010/11/25 12:19)

接遇診断コラム/医院よりさすがと頼られる調剤薬局 松岡 利恵子 - 研修講師(2013/04/26 09:52)

患者さんのカウンセリングで有効な質問力 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2013/04/14 20:01)

ABCラジオに出演し弊社の活動のインタビューを受けました! 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2012/06/27 08:41)

「クリニック経営 なんでも相談」医業情報ダイジェスト連載中 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2011/12/11 17:51)