がん保険の注意点 - 保険選び - 専門家プロファイル

BYSプランニング ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

がん保険の注意点

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
生命保険の豆知識
日本人の死亡原因で一番多いがんを保障する「がん保険」。
ですがその中身を正確に理解している方はどれだけいるでしょうか?
今回コラムは「がん保険}の注意点をまとめてみました。

「がん」は確率的には、男性で3人に1人、女性で5人に1人が、74歳までにかかるといわれています。

最近では治療内容の変化に応じて、保障内容も多様化してきています。ですが、「がん保険」に加入したから安心とは言い切れません。

広告で手厚い保障を謳っていても、実際に給付金が出るには細かな条件が保険会社によって定められています。

以下は「がん保険」の注意点をまとめました。

?契約後90日間の免責(保険金がおりない)期間がある。
この免責期間中に「がん」にかかったら、保険契約自体が 解除になります。

?「がん」の疑いで検査入院、その後「がん」が発覚、入院をしたとしても、検査期間の入院給付金は出ません。
※一部の保険会社の「がん保険」では、当初の検査期間も 含めて給付してくれる保険もあります。

?「がん」でも、初期のがん(上皮内新生物等)は「診断給付金」が給付されないか、されても1/10 に減額されます。

?「診断給付金」を1回しか給付しないという「がん保険」が一般的!
最近は、回数に制限がないというタイプも多くなってきていますが、こうしたタイプも前回のがんから原則2年経過していることが条件。

?退院後の通院を給付するという保険ですが、これも、5日以上の入院に対しての通院しか給付されません。しかも、通院限度は30日というのが一般的で、対象期間は退院後180日に限定されています。

最近のがん治療では、入院せずに放射線治療を受けるケースもありますが、その場合だと保険金は支払われないので、要注意です。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

カテゴリ 「生命保険の豆知識」のコラム