同じ保障で保険料が安くなる場合とは! - 保険選び - 専門家プロファイル

株式会社FPソリューション 
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
羽田野 博子
羽田野 博子
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

同じ保障で保険料が安くなる場合とは!

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
同じ保障内容でも保険料が安くなる場合があります。以下のような場合には保険料が安くなる生命保険会社があります。

1、優良体・健康体割引
健康状態が一定基準を満たす場合。

2、非喫煙者割引
過去1年間タバコを吸っていない場合。

3、高額契約割引
死亡保険金額が一定額以上の場合。

4、解約返戻金をなくしたり、または低く抑えた場合
解約時の返戻金をなくしたり、低く抑えられている保険があります。死亡保障、医療保障の内容が同じでも保険料が安くなります。

5、無配当保険の場合
 同じ保障内容でも配当金を出す保険(有配当保険)と配当金を出さない保険があります。配当がないタイプのほうが保険料は安くなります。

*取り扱い内容は、保険会社により異なります。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。