ローライフレックス3.5F - コラム - 専門家プロファイル

株式会社佐藤宏尚建築デザイン事務所 
東京都
建築家
03-5443-0595
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ローライフレックス3.5F

- good

写真・カメラなど

私の愛用カメラをローライフレックスを紹介します。
 ローライ社が2眼レフを世に出したのは1928年。現行モデルもあり、密かな愛用者も多い歴史のあるカメラである。
 2眼レフカメラの見てすぐわかる特徴は、レンズが上下に2つあること。下のレンズが撮影用のテイクレンズ、上のレンズがプレビュー用ビューレンズとなる。ビューレンズから入射した光は、カメラ上部のマット面で、フイルムと同サイズの56mmx56mmのサイズの像を結ぶ。いってみればファインダー用に大きなレンズがもう1つ付いた贅沢な仕様といえる。
  写真のフォーマットは正方形で、建築を撮るには悩まされるが、構図が決まればプロポーションのよい、引き締まった画像となる。
 内部の構造は、精緻を極める。そのすべての機能がメカで構成される。電子技術の進んだ現在ではありえない、実に贅沢な、技を尽くした造りである。 
 このカメラの印象はとにかく愉しい。撮影時は、ちょうどおじぎするような姿勢で、ピントフードを覗き込む。そこに広がる美しい画像は、ファインダーというより、むしろ1枚の絵を眺める感覚に近い。愉しくてついついいろんな方向にカメラを向けてしまう。
 ツアイスレンズによる中判サイズのポジの美しさも、やはり35mmカメラの比ではない。シャッターを切る手応えと「コト」という小さな音。フイルムを巻くクランクの感覚。ダイアルのクリック感。とにかく小気味良い。操作とメカニズムと機能、すべてがリアルな手応えとして感じられる。
 普段、デジタルな世界にいると、その反動だろうか、なおさらこの本物志向が快感となる。とにかく、写真の仕上がりはもちろん、撮影するという行為自体を愉しむことができるカメラである。
***Rolleiflex3.5F

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
株式会社佐藤宏尚建築デザイン事務所 

飾るためではなく、減らすためのデザイン

シンプルかつ遊びのあるデザインを心がけています。

03-5443-0595
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「写真・カメラなど」のコラム

超広角の世界(2007/07/17 01:07)

leica IIIa/ライカ 3a(2007/07/17 01:07)

このコラムに類似したコラム

やっぱりプロが撮った写真は違うんだな。 野村佳代 - ライター(2012/06/18 14:19)

レッスンスナップ REINA - ヨガインストラクター(2012/04/24 19:51)

「東京遊覧」と「発光都市YOKYO」を見比べる 高安 重一 - 建築家(2011/08/01 10:03)

イタリアの写真整理 高安 重一 - 建築家(2011/05/23 10:47)

超広角の世界 佐藤 宏尚 - 建築家(2007/07/17 01:27)