デザインの話し その4 - コラム - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

デザインの話し その4

- good

この二機はそれ独自のアイデアでこの難問の回答を見出しています。それでは写真を見てみましょう。
ほんと、良く似ていますね。
一見して目立つ違いは有りませんが、細部に違いが見られます。
全体で違うのはゼロ戦の方が胴体が太い。隼の方がスマートです。隼は軽量化を計る為、胴体を極端に絞り込んだのです。
軽い機体を造って速度と距離を稼ぐ、涙ぐましい苦労があったことでしょう。ではゼロ戦はどうやって軽量化したか?
ゼロ戦は人の乗る座席を主翼の上に持ってきたのです。主翼に座席を取り付ける事により、余分な部品を省いたのです。今で云うモノコック工法です。簡単な事に思いますがこれが出来ない。座席を主翼に乗せると、重心が前方にずれてしまい主翼に新たな工夫を凝らさなければ、達成出来ない技だったのです。

次の違いは、ゼロ戦の方が風防(人が乗るガラス窓の部分)が大きい。風防が大きい方が視界が広く見張りがし易くなります。隼は胴体を絞り込んだ為、大きい風防が乗せられなかったのです。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。