スノーボードのススメ - コラム - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

スノーボードのススメ

- good

私とスノーボードの出会いは1/11の日記に記した通りですが、8年間続けているとゲレンデにも変化が・・

かつて「私をスキーに連れてって」という映画がブレイクした頃(30代には懐かしい)は、スキーが大ブームでした。
しかし、ここ数年スノー業界に陰りが見え始めて心配していましたが、大学生の年代と中高年層のスノボ人口が今シーズン急激に増えたように思えます。
(たまごっちが次世代に受け入れられたのと同じ!?)

スノボの遊び方はジャンプしたりするイメージが強いかもしれませんが、いろいろなタイプがあります。

1.フリーライディング系
ゲレンデを普通に滑ることから発展し、スピードを競う「アルペンボード」や「ボーダークロス」の競技へ進むタイプ。または、「バックカントリー」と言われる未圧雪のパウダースノーを求めリフトなき山へ行くタイプがあります。

2.フリースタイル系
若い人がハマるのがこのタイプ。パークと呼ばれる場所で、レールやボックスを設置した構造物上で滑ったり、キッカーと呼ばれるジャンプ台(雪)で飛んだりするタイプ。最近は平たいゲレンデでまわって遊ぶ「グランドトリック」が流行りで、自然地形を利用して自分なりにアレンジしたトリックをするのが若者の流行。

私は1も2も好きで、写真はヘリでバックカントリーを楽しんだときのものです。山頂のヘリポートには黄色の標識ひとつだけで、まわりは樹氷の世界。
ある意味ぜいたくな遊びかもしれませんね。。

次回はスノーボードグッズについて(1/21)です。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。