きじも鳴かずば - コラム - 専門家プロファイル

須永豪・サバイバルデザイン 
長野県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

きじも鳴かずば

- good

■2005.11.08(tue)
あぁ・・・
重い。
胸が
痛い。
朝ご飯を食べながら、先週録った『まんが日本昔ばなし』を見たのだけど、
すごく、ダークな気持ち・・・。
不幸な境遇の人が、さらに救いようのない悲しい目に遭う『きじも鳴かずば』というお話。
ざっとあらすじを書くと、
お母さんが洪水に流されて死んじゃった、
女の子とお父さんの二人暮らしの貧しい家。
ある日女の子が病気になり、
「むかしかぁちゃんが作ってくれた小豆まんま食べたいなぁ・・・」とつぶやく。
貧しい家には小豆も米ない。
お父さんが村の庄屋の蔵から少しだけ盗んできて、娘に食べさせてやった。
娘は元気になりマリ遊びをしながら、「♪小豆の入ったマンマたべたー♪」と歌う。
しかしその歌が原因で、盗みがバレたお父さんは生き埋めにされてしまう。
それ以来、娘はまったく口をきかない子になり、やがて村から姿を消してしまった。
・・・なんかさぁ、もう、ツラクナッチャッタナ。
でも、こういうお話しを放送してくれるってのは、
コドモの心の生育にとっても意味がある良いことだと思います。
・・・それにしても、ワタシのほうがずいぶん心に堪えてるんですけど。
はぁぁぁ・・・さっきから、ふかーいため息ばっかり。
朝からこんなの見てしまったら、お仕事にならんです・・・。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(長野県 / 建築家)
須永豪・サバイバルデザイン 

人間らしい「サバイバル」ってなんだろう?

安心して寄り掛かれるおおきな木のような存在感と、ジャングルジムのような自由さと、楽器のような豊かな響きがある空間。そういうものを、木でつくりたい。