映画よりテレビ その3:キャラクター - 英会話レッスン - 専門家プロファイル

YRC-Casey
Y.R.C. 英会話スクール 教育企画部 マネージャ
神奈川県
英語講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英会話

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

映画よりテレビ その3:キャラクター

- good

  1. スキル・資格
  2. 英会話
  3. 英会話レッスン

さて、映画かテレビか、どちらの方が英語の勉強になるかの話の続きで、今回はキャラクターのことを考えてみましょう。

 

きっともう分かっていますが、「すごいです」を英語で言うと定番は「That’s great」になります。しかし「That’s great」だけじゃなくて、次のような表現もあります:

 

「That’s fantastic」

「That’s awesome」

「That’s tight」

「That’s fabulous」

 

全部それぞれの雰囲気があって、どんな時やどんな人が使うやどんな相手に向かって言うことなどについて使ってもいいと使っちゃいけないときがあります。これは日本語と一緒ですね。会社のお客さんに「すげーぞ」や男同士で「すごいわね」を言ったりはしないよね。

 

っていうことで、問題はどう使え分けたらいいだろう?正しく使うように、言っている人の性格と言われている人との関係、この二つを参考にするに限ります。

 

映画の中でも確かにいい例が出ますが、テレビの方は何回も同じキャラクターのシーンが見えて正確のイメージが強いでしょう。こんな人だからこんな口癖、そしてこんな相手だからその表現が更にたくさん使ったりとかわざと抑えたりとか。何十時間も続くテレビ・シリーズの中で同じキャラクターは色々な人と色々な会話をしている最中に言葉のニュアンスが理解してきます。

このコラムに類似したコラム

英語学習の壁の正体 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2015/07/22 14:23)

クライアント様カルテのご紹介 ~Session in June~ 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/06/24 12:26)

【Q&Aシリーズ 第7回】 英語発音 ザ ジングルズ 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/06/19 15:41)

【英語ことわざ】「The hasty angler loses the fish (せいては事を仕損じる)」 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/06/03 17:11)

最も効果的なリスニングの向上法とは? 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/05/14 17:34)