ニュース性の低いネタの扱い方 - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ニュース性の低いネタの扱い方

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般
広報100箇条

安定的、継続的に情報発信を行っていくのは難しいこと。新製品や新サービスなどの情報が比較的多い大手メーカーでも苦労しているのが現状である。情報発信すべく積極的にニュース素材は発掘したが、どうもニュース性が足りずにリリースすることを諦めることは多いだろう。しかし数少ないニュース素材をそこで諦めるのは実にもったいない。何かリリース配布以外の策はないのだろうか。

 

まず認識を改めなければならないことがある。それは情報発信の手法は数多くあり、その代表的なものがリリース配布であるが、手法の1つに過ぎないということである。かつリリースはある一定以上のニュース性がなければ出せないものだ。そう考えると、メディアに向けた情報発信方法は、リリース配布以外をメインに考える必要があるとも言える。

 

リリース配布以外の発信方法は、個別取材が代表的であり、如何に個別取材を勝ち取っていくかが大きな成果の分かれ道となる。個別ネタでの取材誘致の検討は最優先として考えるべきだが、それ以外にも1つの素材では難しくとも合わせ技でのニュース性評価もしてみるべきだ。加えてメインのネタでの取材時に、補足的に付加情報として情報提供する手もある。

 

またリリースには出来ない情報でも、数が多ければそれ自体で企業活力という情報も付加される。半期に一度でもそれらをまとめてみて、ニュースレターというものにしたててみては如何だろうか。或いは日々使うメディア向け会社案内に付加していくことも効果的である。また自由に発信できる媒体として、自社Webの存在も忘れてはならない。

 

広報49箇条 リリース以外の手法を活用すべし

 

ご参考:広報力向上ブログ

このコラムに類似したコラム

自分が決める、ということ。 岩井美樹 - コピーライター(2014/07/01 15:19)

いつも頭に付箋紙を! 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/08/12 09:43)

インターンシップの広報をFacebookで ~その1 新日鐵住金の取り組み 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/07/03 10:00)

7月31日に無料相談会を実施します! 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/07/26 17:00)

友だち200人で良質な採用に成功!! 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/07/24 12:00)