遺言を書く時に知っていただきたいこと(2) - 遺言 - 専門家プロファイル

飯塚 重紀
代表
東京都
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

遺言を書く時に知っていただきたいこと(2)

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 遺言

前回のコラムの最後で「遺言を書くことは決して難しくない」と書きました。
誤解を生む表現かもしれませんが、それには理由があります。

遺言をする方法としてごく一般的な方法は、
全文を自筆で書く方法と公正証書によってする方法があります。

全文を自筆で書く場合、遺言本文の他に
日付と名前も自筆で書いて最後に印を押すことになっています。
思い立った時にはいつでもすることができます。
公正証書でする場合には2人以上の証人が立会う中で
本人が公証人の前で遺言をなし、
公証人が公正証書として遺言を作成することになっています。
検認(家庭裁判所での審判手続)が不要となる確実な方法です。

例えば夫が「妻にすべての財産を相続させる」場合には
上記の一文に日付と名前をペンで紙に書き、印を押せばもう完了です。
また公正証書なら証書の作成は公証人が行ってくれます。

ただし全文を自筆で書く場合に
上記とは違い相続させる相手や財産が詳細な遺言なら
そのすべてを書かなければなりません。

また公正証書でする場合には所定の費用がかかります。

では前回「いやあ、遺言を書くのは難しい!」とおっしゃった相談者は
なぜそのような印象を受けたのか?
その方はこうした手間や金銭的な支出が面倒だと思われたのではなく
何か別のところに要因があったのではないかと私は思っています。

(つづく)

このコラムに類似したコラム

勇気をもって。 加藤 幹夫 - 行政書士(2013/12/02 16:48)

せっかく遺言を書いたのに、受遺者が先に逝っちゃった。!! 藤本 厚二 - ファイナンシャルプランナー(2013/06/24 12:56)

公正証書遺言を利用する場合の費用 村田 英幸 - 弁護士(2012/10/01 10:32)

遺言の方式 村田 英幸 - 弁護士(2012/10/01 10:28)

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!