NLPの定義 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

最上 雄太
株式会社イデアス 取締役CEO
東京都
ビジネススキル講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
越智 昌彦
(研修講師)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

NLPの定義

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
セルフコンセプト・コラム NLPとは何か
◎NLPとは、主観的な体験の構造に関する研究です


◎NLPとは、心や結果的に起こる行動に関する言語の影響力です


◎NLPとは、人に効果的に反応し、その人の世界モデルを尊重しながら理解する能力です。




NLPに関する説明や定義は、調べてみると非常に沢山あります。

研究者や扱う人によって
「NLPの捉え方」は実にさまざまです。

世界共通の定義とか
これが唯一無比の定義といったものは
見つかりません。

私はそんなところに、
NLPの一つの特徴があるのではないかと考えます。



実際NLPは、以下のようなさまざまな見方(捉え方)
ができます。

コーチングの延長という見方もできます。


コミュニケーションスキル体系ということもできます。


セラピー(精神的な治療)アプローチでもあります。


スポーツマンのマインド強化のために有効活用もできます。


ビジネスにおける影響力や目標達成を高めることもできます。


NLPを、心理学という人もいます。


NLPを、脳科学という人もいます。


NLPを、哲学と呼ぶ人もいます。




私がNLPのトレーナーになるために従事した
全米NLP協会メタマスタートレーナーの
クリスティーナ・ホール博士は

「コミュニケーション」
「理解」
「学習」
「変化」

それらを統合した、
深い相互作用のある学習のためのアプローチを


芸術性を持ったトレーニング(Art of Training.)


と表現しています。


ホール博士の定義・表現もまた、
NLPについての一つの観点にすぎません。




いずれにしても
NLPは一つの定義に収められるものではないことがわかります。



NLPに何を求めるか


NLPを使って、何を訴えたいのか


NLPを扱う人の興味、関心、理解、目的、性質、


など,扱うその人の捉え方次第で

NLPの様相が変わってきます。




共通点が1つあるとすれば、



→→→「人に関する」ことへの興味と探求です。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■オープンセミナーのご案内
『研修講師・人材マネジメントのためのNLP18日間コース』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎NLP(神経言語プログラミング)の学習を通して【講師力】を強化
◎全米NLP協会公認NLP認定資格のW認証
◎研修講師および人材マネジメント関係者限定
こんなコンセプトのセミナーを企画しました。

私はNLPのスキルや知識を、
人間科学(=人間を理解すること)の1つの有益なアプローチであると考えています。

人の成長と変化を支援する立場にある方々に
この機会を通して
私が学んだこと、考えていることをお伝えしたいと考えています。

「研修講師・人材マネジメントに関わる方々に限定して開催」
このコンセプトに当コース開催の大きな意味があります。

 日時  2010年6月〜 18日間
 場所  幕張・クロスウェーブ幕張
 参加費 378,000円 [第1期特別価格]
 定員  15名程度
 講師  最上雄太
 主催  株式会社イデアス

 【◎◎ 好評受付中 ◎◎】


▼詳細・お申し込み
 当セミナー詳細のご案内・受付は以下からどうぞ
⇒研修講師・人材マネジメントのためのNLP18日間コース

▼当セミナーのお問い合わせ
⇒お問い合わせ