中国2009年度出願統計 - 企業法務全般 - 専門家プロファイル

河野 英仁
河野特許事務所 弁理士
弁理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
小竹 広光
(行政書士)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

中国2009年度出願統計

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業法務全般
中国2009年度出願統計
2010年2月6日
河野特許事務所
http://knpt.com
弁理士 河野英仁

 中国2009年度発明特許最新統計
 中国知識産権局は2010年1月12日、2009年度における中国特許出願データを公表した。図1は2005年から2009年までの発明特許出願件数を示す。なお、本稿で述べる各種データは、中国知識産権局公表の専利統計簡報2010年第1期を参考に筆者において編集したものである。


図1

 2001年には4万件前後であった発明特許出願数は、遂に31万件にまで増加した。図1に示すグラフは、実用新案及び意匠登録出願を含まない発明特許出願件数である。金融危機の影響で国外からの出願件数が減少しているにもかかわらず、中国企業の特許出願数が急激に増加していることが理解できる。

 図2は2009年度中国国内発明特許出願件数ランキングである。

2009年国内発明特許出願数 順 位 国 名 企 業 名 数量(件)
1 中国 中興通信有限公司 5427
2 中国 華為技術有限公司 2813
3 中国 鴻富錦精密工業(深セン)有限公司 2032
4 日本 ソニー株式会社 1970
5 日本 パナソニック株式会社 1620
6 オランダ オランダフィリップス電子有限公司 1450
7 中国 中国石油化工有限公司 1259
8 日本 トヨタ自動車株式会社 1125
9 韓国 サムスン電子株式会社 1063
10 日本 シャープ株式会社 1059
図2

 1位から3位までは中国企業が独占する結果となった。昨年独走状態にあった華為技術有限公司(ファ−・ウェイ テクノロジー)は2位となった。

 図3は発明特許登録ランキングである。

2009年国内発明特許登録数 順 位 国 名 企 業 名 数量(件)
1 中国 華為技術有限公司 3374
2 日本 パナソニック株式会社 2113
3 韓国 サムスン電子株式会社 1912
4 中国 中興通信有限公司 1344
5 アメリカ IBM 1276
6 日本 ソニー株式会社 1188
7 オランダ オランダフィリップス電子有限公司 1187
8 日本 キヤノン株式会社 944
9 日本 セイコーエプソン株式会社 899
10 韓国 LG電子株式会社 891
図3

 中国企業は最近になって出願件数を増加させたことからトップテン内に現れていないが、華為技術有限公司及び中興通信有限公司は着実に特許登録件数を増加させている。


以上

中国特許に関するご相談は河野特許事務所まで 
                           
 |  コラム一覧 |