★12/27まで 「パンチDEラリー」開催中 - 販促・プロモーション戦略 - 専門家プロファイル

岡星 竜美
イベントコンサルタントオフィス シリウス代表、東京富士大学 教授
神奈川県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
うえた さより
うえた さより
(マーケティングプランナー)
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

★12/27まで 「パンチDEラリー」開催中

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション戦略
イベント情報
東京のJR中央線開通120周年を記念するイベント
「パンチDEラリー」を、12月27日まで開催中です。



中央線は、1889年(明治22年)4月11日に甲武鉄道として新宿〜立川間、8月11日に立川〜八王子間が開通しました。

2009年4月11日に120周年を迎えた記念に「中央線開業120周年気記念キャンペーン」を12月31日まで実施中です。

フィナーレを迎える前に、中央線120周年記念「パンチDEラリー」が11月26日から始まりました。

これは懐かしい「改札鋏」を使って、ラリー参加者自身がリーフレットに付いている 応募はがき に「入鋏」し、中央線の指定された各駅を巡ってその「入鋏痕」を集める体験型ラリーです。

パンチDEラリー の賞品は、12駅分の入鋏痕を集た場合、「金色の改札鋏」、「オレンジ色のデジタルカメラ」がもらえる120th賞と、5駅以上の入鋏痕を集めた場合は「ユーラシアトランク」、「記念マーク付きサーモス携帯マグボトル」、「120周年記念メダル」がもらえるファイナル賞に応募できます。

枚数限定のレプリカ入場券も発行されて、当時、改札鋏を使っていた元駅員が「カンカンカッカン」という懐かしい音を響かせながら直接ハサミを入れてくれる実演も行われます。

http://www.potstation.com/archives/jr_1/



中央線では、1993年に八王子などの各駅で自動改札が導入されたのを最後に、改札で駅員が「カンカンカッカン」と軽快な音を響かせながら切符を切る姿が消えたようです。

何もかも新しくなりますが、残したり、復活させたりするものも、もっと欲しいですね。


今日も感動させて★ー。"中央線"に乗りましょう!


※全国発売中
岡星竜美:著「キラリ☆開眼物語〜明日から企画のホープと呼ばれる本」
(文芸社 1,470円) 

就活中の学生の方に、明日までに企画を出さないといけない方に、コンペに勝ちたい方に・・・この特効薬が効く! 目のウロコとれます。応援、よろしくお願いいたします!

●文芸社HP http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07989-9.jsp