「財産を残したい人に残せない」(介護編) - 保険選び - 専門家プロファイル

BYSプランニング ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
羽田野 博子
羽田野 博子
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「財産を残したい人に残せない」(介護編)

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
知らないと損するかも…のお話し
ファイナンシャル・プランナー天職!BYSプランニングの釜口です。

今回のコラムは「財産を残したい人に残せない」(介護編)でお話させていただきます。

「思わぬお金を手にできるのは、宝くじと相続だけ」

団塊世代の親から受け取る平均遺産額は、一人約1900万円になると言われています。
退職金の平均額が約1000万円。

退職金よりも多い遺産額1900万円を目の前にして、「一銭もいらないです」と誰も言えませんよね。
だからこそ、各個人の人間性もでますし、争いも起こるのです。

今回の相続争い事例は、「介護」にまつわるものです。

『Aさんは長男の嫁として夫の両親と同居していたが、夫が事故で死亡。
義理の両親とは仲がよかったので、そのまま同居し義理の両親もそれを望んでいた。そして結局、義理の両親の介護も献身的に行った。しかし、その両親ともが亡くなった時、別居の長女に実家から出て行ってほしいと言われた。』

Aさんには子供がおらず、どんなに親身になって介護をしたとしても、法定相続人ではない身分なので、義理の両親の遺産である実家をもらう権利はありません。

もし遺言で、両親が「面倒を見てくれた長男の嫁にこの家を相続させる」と書いたとしても、長女には「遺留分」という権利があるので、結局は遺産の半分は相続することができるため、実家が共有になり更なるトラブルのもとになる可能性があります。
まして、相続人以外が相続した場合には、税法上非常に不利になる。

☆ 遺留分・・・相続財産のうち、一定の相続人には残しておかなければならない財産部分があります。これを「遺留分」という。

遺留分の権利があるのは、子、直系尊属(親など)、配偶者であり、兄弟姉妹には遺留分はありません。

このケースの場合、考えられる対策としては、義理の両親がAさんに財産を残したいと考えるならば、両親が生存中にAさんを養子にしてしまうという方法があります。
  
そして、遺言に「養子のAさんに、家を相続させる。長女には預貯金を相続させる」と記載しておければ、トラブルになる可能性は低くなると思われます。

ご不明な点などがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。 
 
        
ご質問等はお気軽にメールか携帯まで・・・
メール:waku@bys-planning.com
携帯メール:kamann-wakuwaku@docomo.ne.jp
Tel:06-4305-4425

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

カテゴリ 「知らないと損するかも…のお話し」のコラム