洗面室−1 <周囲とつながる小さな洗面スペース> - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

村上建築設計室 
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

洗面室−1 <周囲とつながる小さな洗面スペース>

- good

  1. 住宅・不動産
  2. インテリアコーディネート
  3. インテリアコーディネート全般
光が丘のチークハウス 水廻り
通路をはさんだトイレの反対側に、光が丘のチークハウスの洗面室があります。

洗面台はフィリップ・スタルクデザインの壁に掛けるタイプのもので、足元が空いていてすっきり。ボウルとカウンターが陶器で一体でできているので、水が周囲に飛び散っても掃除がしやすいと喜ばれています。混合水栓はハンスグローエのものです。

洗面台の上部は全面鏡貼りになっています。洗面室は幅1mほどと決して広くないのですが、天井いっぱいまである鏡が周りの景色と同化し、実面積以上に広く感じさせてくれます。ちなみに、鏡に映りこんでいるのは、廊下に面した飾り棚で、現在はクライアントが作った置き物が陳列され、LED照明によって照らされています。

洗面台に向かって左側は全面収納になっていて、他の部屋と合わせ、扉はチークの面材でつくりました。その一部(写真の手前部分)には洗濯機が入っているのですが、使う時は収納扉が中におさまり全開放となり、使わない時は閉めて隠せるようになっています。

洗面台の右側は、透明なガラスドアを介して、バスルームへと続きます。。。

村上建築設計室

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
村上建築設計室 

時間が経つごとにその土地に根付いていく、そんな家を創ります

東京・青山にて夫婦で設計事務所を開設。機能的で自然な美しさを持つ、時に淘汰されない建築を目指しています。光や風、日常の瞬間が美しく感じられる空気感を大切にし、その空間に触れた人々が豊かで幸せになれるよう、少しでも貢献したいと思っています。

カテゴリ 「光が丘のチークハウス」のコラム