ISOに取組んだのに記録は増えない!? - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

西村 茂樹
西村経営事務所 
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ISOに取組んだのに記録は増えない!?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
先日、私のお客様先である食品企業がISO22000登録審査が無事終了しました。


工場長曰く、「ISO22000に取組んで現場で記録する書類は一切増えていない。ISO22000は大変だと勘違いしないように!」と各課長さんに話していました。




そうなんです。本当に必要な記録を厳選すれば、”記録が増える=ISOが大変”とは決してなりません!

お手伝いさせて頂いた会社の工場長からそのような発言を聞くことができて大変嬉しかったです。


多くの企業が「ISOのために記録が増えて大変」と言っておりますが、それは間違っています。ISO導入したからと言ってそんなことにはなりません。

皆さん、どうして多くの企業がそのような発言をするのか、考えたことがあるでしょうか?

答えは簡単、皆さんの感じている通り、「ISOコンサルタントに指導されたから。必要と思って…」ではないでしょうか?

そうならないようにするためには、事前のコンサルタント選定が非常に重要と言えます。

後(ISO認証取得後)で、そのことが分かった企業の方、手遅れではありませんよ!今ならまだまだ、本来の会社のあるべき姿に戻すこともできますよ!
お気軽に当事務所までご相談くださいね!