システム変更時のトラブルが後を絶ちません - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
石川 雅章
(広告プランナー)
背戸土井 崇
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

システム変更時のトラブルが後を絶ちません

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
IT化
中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日は変更管理についてのお話です。

緊急地震速報の誤報の原因が、業者による地震計ソフトの無断改修だったとの発表が先週ありましたね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090825-00000161-mai-soci

システム変更時のトラブルが後を絶ちません。
IT運用管理における「変更管理」の問題ですね。

記事を見ると、「無断で改修」「過程でミス」「報告せず」「気付かなかった」といったことが書かれており、起こるべきして起こったトラブルと言わざるをえません。

改修、テスト、変更適用といったプロセスを気象庁と業者双方が責任を持って行っていれば、かなりの確率で防げたトラブルだったのではないでしょうか。

「ITは難しいから」「ITは技術が分からないから」といった理由から、業者に丸投げするケースが多くなりがちですが、システム変更など重要なイベントについては、業者と密なコミュニケーションを図ることが重要です。

細かい技術的なことは分からなくても、改修、テスト、変更適用といったプロセスの実施状況について説明を受け、疑問点は確認するという手順を踏むだけでも、状況は変わってくるはずです。

システム変更時のトラブルほどもったいないものはありません。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IT化」のコラム

メガネ型ウエアラブル端末(2016/11/30 09:11)

IT企業の再編・統合(2016/11/02 08:11)