矯正後も受け口です。もし保険適用の手術を受ける場合 - 虫歯治療 - 専門家プロファイル

医療法人社団審美会 青山審美会歯科矯正クリニック 
東京都
歯科医師
03-3409-3849
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:一般歯科・歯の治療

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

矯正後も受け口です。もし保険適用の手術を受ける場合

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 一般歯科・歯の治療
  3. 虫歯治療
歯列矯正・噛み合わせQA (症例、原因、費用) 受け口、しゃくれ、反対咬合、切端咬合(せったん咬合)
(質問)
23歳の男性です。今から10年位前に受け口のために、歯科矯正を受けましたが、しっかりとは直りませんでした。今も受け口であります。何年かたって歯科矯正を受けた病院に行ったら手術を受けたほうがいいと言われました。もう一度、歯科矯正を受けようか悩んでおります。一度矯正を受けて歯並びがよくても、もし保険適用の手術を受ける場合、もう一度矯正をしなければならないのでしょうか?

(回答)
受け口(反対咬合)の外科手術の前後には、必ず矯正装置を付ける必要があります。
なぜなら、手術前に咬み合わせを整える、手術後の上下顎の固定および手術後の咬み合わせの調整に必要だからです。矯正装置を付ける期間は、症例によって6ヶ月から2年と症例によってかなり幅があります。

受け口、しゃくれ、反対咬合
 http://www.aoyama.or.jp/orthod_uke.htm
受け口、反対交合、しゃくれ、下顎全突の質問集(原因、治療法、失敗、費用etc)
http://www.aoyama.or.jp/ya_uke.html

青山審美会歯科矯正クリニック(東京都渋谷)
 http://www.koyata.com/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 歯科医師)
医療法人社団審美会 青山審美会歯科矯正クリニック 

約30年の実績による舌側矯正と審美矯正。質の高い治療に努めます

東京都渋谷区にある、矯正歯科・審美歯科・歯列矯正の専門医です。 特に舌側矯正(裏側矯正)に関しては、開業医としては日本で初めて全面的に臨床に取り入れ症例数4400件以上(1980年1月~2011年1月)を超えています。確かな技術と安心の提供に努めています。

03-3409-3849
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「歯列矯正・噛み合わせQA (症例、原因、費用)」のコラム