NPO法人がキーワード、高齢化マーケットを狙え #4 - 販促・プロモーション戦略 - 専門家プロファイル

山藤 惠三
有限会社エスオープランニング 代表取締役 クリエイティブディレクター
東京都
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
福田 幸治
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

NPO法人がキーワード、高齢化マーケットを狙え #4

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション戦略
ベンチャー経営術、イマ〜戦略系。 企業経営の戦略系は?
若者の犯罪防止に、モスキート音効果が威力を発揮しています。
この音、若者には聞こえるが、いわゆる大人、30代以上〜の人には聞こえないと言うものです。
これも新しい発想で商品を開発している良い例だと思います。

新たなマーケットフィールド、
普遍化するお一人様の老後ビジネスを狙え。

こんにちは、山藤(サンドウ)です。

今回は、高齢化社会の到来と言われて久しい昨今、
新しい老いのライフスタイルから
ビジネスの種を探してみたいと思います。

高齢者のライフスタイルのキーワードは「おひとり様」



前回のコラムで、子どもとの同居率が下がってきています、
女性の高齢者のうち、すでに5人に1人が「おひとりさま」なのです。

老後のライフスタイルも、イロイロと多様化しており、
新しいライフスタイルからの切り口があると思います。

一人暮らし高齢者の意識調査より、



日常生活に満足  74%
心配事がある  63%
頼れる人がいない  約20%

高齢社会白書 平成20年度版


日本の高齢者は、一人でも、前向きに楽しく暮らしていこうとしている、
ポジティブでタフな実態が見えてきています。

そこで、今後の高齢者をターゲットにしたビジネスサービスですが。

今後、拡大が期待される商品、サービス



1 一人高齢者用の家具、什器、
2 シックなアクセサリーや小物関係
3 小型のペットやねこなどのペット市場
4 お取り寄せショッピングやサービス代行業など。


ポイントは、


1 具体的な生活情報の提供があること、
2 弱い舘名を肯定的に受け止めていること、
3 他者の人間関係を作る方法が熱っぽくまた、具体的に表現されていること、

老いて行く「おひとりさま」を肯定的に考える発想が大切だと、
評論家の樋口恵子さんは言います。

一人であろうと、病気をしていようと、生きることは楽しいことであり、
その為には、少しくらいの苦労は、覚悟の上、という前向きな考え方で
日々の生活を楽しむ工夫を考えることが大切なのです。


参考資料:「おひとりさまの老後」法研 上野千鶴子
     「ひとりの老後」は怖くない」 海竜社 松原惇子
     「ひとりの老後を心楽しく生きる方法」 海竜者 吉武輝子

オールアバウト/専門プロファイル、山藤