支払条件の厳しい特約たち(介護の特約) - 保険選び - 専門家プロファイル

BYSプランニング ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

支払条件の厳しい特約たち(介護の特約)

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
生命保険の豆知識
今回の支払条件の厳しい特約は介護関係の特約たちです。
大手保険会社の場合だと、主契約に特約で付帯するというのが一般的です。
「介護保障保険特約」「介護収入保障特約」「介護年金特約」などの名前で販売されています。

所定の要介護状態が一定期間継続すれば、介護給付金(介護一時金・介護年金)が支払われます。
この所定の要介護状態と一定期間継続が落とし穴です。

この特約は、今は少しずつ改善されてきていますが、
生保の特約の中でも一番貰える可能性の低い特約です。

では、厳しい支払い条件とは・・・
基本的に、常時寝たきりで
?ベッド周辺の歩行
?衣服の着脱
?入浴
?食事
?排泄後の拭取り・・・の5つの内3つ以上
できない場合か、医師に器質性痴呆と判断された場合。

公的介護保険でいえば、要介護4の「最重度」もしくは5の「過酷」相当です。
しかもこの状態が180日以上継続しないと支払対象にはなりません。

高齢者ならいざしらず、働き盛りでここまでの状態になる可能性はきわめて低いと言っていいでしょう。

そして、今から説明させて頂くところが、最大のミソです。
生命保険の介護の特約は、10年とか15年の更新されるものがほとんどで、60歳や65歳で更新はいったん終了し、その後80歳まで更新はできますが、主契約の払込終了時点(60歳や65歳)で、一括(あるいは年払い)でかなり高額な保険料を納めないといけません。

そしてよく考えてみれば、、、
40歳以上なら、健康保険料といっしょに介護保険料払っていますよね!
ということは、40歳以上なら生保の介護特約の上記の条件なら、らくらくと国から介護保険がもらえるというしくみなんです。

実は何を隠そう、特約保険料は保険会社のドル箱です。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

カテゴリ 「生命保険の豆知識」のコラム