自動車保険の値上げ - 保険選び - 専門家プロファイル

有限会社アイスビィ 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自動車保険の値上げ

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
保険 損害保険
各家庭の生活が苦しい状況の中で、昨年も値上げしたばかりなのに又、値上げですか?と言いたくなりますよね。

今回、東京海上などの一部の大手損害保険会社が6月以降の自動車保険の保険料を値上げする事が分かりましたね。値上げの理由としては景気の後退から新車の販売が低迷し保険料収入が減少しているからとの事。具体的には最大手の東京海上で平均3%、ニッセイ同和損害で平均2.6%の値上がり予定です。東京海上の場合を一例で挙げると30歳以上のゴールド免許保有者で、保険料は年3万9080円から4万110円に上がるとの事です。

しかし個人的に思うのですが、保険会社って自社の経営が苦しくなり保険料収入が減るとすぐに値上げですよね?普通の会社なら考えられませんし、ある意味、強制的な圧力ですよね?社員の方に教えて頂きたいのですが、自分達の給与は下げたり経費節減をしてるのでしょうか?私の知る限り給与が下がったとは聞いたことがありませんからね。それに自分のお金じゃないという感覚でしょうが見てて無駄も多いですからね。

先ずは、経営不振を顧客に押し付ける前に自分達が痛みを伴うべきだと思いますね。それでなくても他の業界に比べ給与は高いのですから。自分達は給与も下がらず苦しくないから消費者の目線で物事を考えられないんでしょうね。これからが正念場でしょうが昔の近江商人の教えでは無いですが「三方良し」を心掛けないと自分達ばかりが「良し」では益々、顧客離れが進み外資等の他社に契約が流れていくでしょうね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
有限会社アイスビィ 代表取締役

お客様との信頼関係を大切に!一生涯の安心と満足をご提供

将来のリスク対策やライフプランの実現に向けて、保険・投資・資産運用に関する知識や解決策をご提供すると共に、お客様に最適な商品をトータルにプランニング。お客様との信頼・信用を大切に、利害や損得を超えた末永いお付き合いをモットーとしております。

0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「保険」のコラム

地震保険の値上げと改正(2016/06/04 17:06)

又、上げるの地震保険!(2015/05/05 13:05)

再生医療普及へ保険販売(2014/09/15 15:09)

長期火災保険(2014/09/14 11:09)