部下のやる気を高める上司の質問はここが違う! - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

臼井 優樹
株式会社ユザック 専務取締役 サポート事業部門長
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

部下のやる気を高める上司の質問はここが違う!

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
リーダーシップ 賢者の法則 質問する
こんにちは。パーソナルコーチの臼井優樹です。

「なんでこんなこともできないんだ!」
「なんで売れないんだ!」
「時間通りできない理由を言え!」

部下のミスに直面した時に、上司が発する言葉や質問で、部下のやる
気は大きく変わります。

部下を叱るのが上司の役目とばかりに、叱責、怒号の嵐・・・。
部下だってわざとミスをすることは無いと言っていいでしょう。

でもそんな上司だけが悪いのではありません。上司だってそんな怒号
を浴びながら頑張って今日まで来たのです。自分がこれまでされてき
たように振舞ってしまうのも無理もありません。

大変だったことでしょう。

とはいえ、その時の自分を思い返してもわかる通り、批判・叱責・怒
号、後ろ向きの質問では、部下のやる気は期待できません。自信を無
くしてしまうこともあります。

そんな時は後ろ向きの質問ではなく、前向きの質問である「肯定質問」
を心がけましょう。

後ろ向きの質問
「なんで売れないんだ?」 →売れないという後ろ向きの言葉

前向きの質問
「どうしたら売れると思う?」 →売れるという前向きの言葉

「なんでこんなこともできないんだ?」という質問にも、「どうした
らできそう?」という肯定質問があります。

肯定質問を使うと、部下は今後のことを前向きに考えるようになりま
す。自分自身で考えるようになることで、上司の指示がなくても自発
的に行動できる部下が育つことも期待できます。

肯定質問では、上司からの期待やプラスのエネルギーを感じることが
できます。否定的で批判的な質問のマイナスのエネルギーから開放さ
れるので、やる気が出てきます。

部下のやる気を引き出すことに成功している上司の多くが、この肯定
質問を活用していますが、肯定質問を使い続けていくと、部下は、

「この人についていくと自分が成長できる」と感じるようになります。

さらには「この人のためなら」と思って心強い右腕になってくれるか
もしれません。

プラスの前向きなエネルギーにあふれた肯定質問で、部下のやる気と
成長をサポートしてみませんか?


今日のポイント


「部下のやる気を高める上司は【肯定質問】を活用している!」

 部下の失敗を目にすると、感情的になって否定的な質問をしてしま
いがちですが、まずはグッと我慢して、「どうしたら良くなりそう?」
「何が変わればできる?」といった前向きな肯定質問に変換してみま
しょう。

 きっと部下のやる気と成長が期待できますよ!

 みなさんは、前向きな質問ができていますか?

4/23発売!"わからず屋さんの取扱説明書" 臼井優樹 著

理解不能な「わからず屋さん」。でも、「わからず屋さん」とのコミュニ
ケーションのツボを抑えれば、彼(彼女)はあなたの優れたパートナー
になるかも知れません。

わからず屋さんに悩むあなたのヒントになればうれしいです。

著者:臼井優樹
出版社:毎日コミュニケーションズ
発売日:2009/4/23
価格:¥819(税込)