資料請求ボタンに関して - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

田中 友尋
株式会社ハマ企画 代表取締役社長
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

資料請求ボタンに関して

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
現場から

資料請求ボタンに関して


資料請求のコンバージョンを上げるべく、昔から使われている手法。
「資料請求」を目立つ場所に。

この手法、ある意味「Yes」である意味「No」

ある意味「Yes」


・ボタンの位置がわかりづらい。
・資料請求までの導線ができていない。

こんな場合には資料請求ボタンを目立たせる必用があります。

ある意味「No」


・資料請求までの導線ができている。

導線ができている場合、あまり効果的ではありません。

要はコンテンツと商材。



要はコンテンツ。
資料請求したくなるようにコンテンツの展開をユーザ目線で行うこと。
「Webでは全てを見せる必用がない」という昔の考え方もありますが、ある程度は見せるべきです。
不親切過ぎるコンテンツは不信なサイトにつながります。

要は商材。
資料請求しやすい商材としづらい商材があります。
Webサイトで決済できるものできないもの、商品なのかサービスなのか、価格など。


資料請求ボタンは。


資料請求ボタンは、ユーザに対して案内をするものであり、コンバージョンをあげる「だけ」のものではありません。
コンバージョンをあげるより、購買意識の高い、健在顧客を取得するための公開する必用があります。


ホームページ制作のハマ企画