スケールでPR - 販促・プロモーション戦略 - 専門家プロファイル

今井 英法
マハロマーケティング合同会社 PRコンサルタント
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
福田 幸治
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)
岡星 竜美
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

スケールでPR

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション戦略
広報・PR|数字でPR
マハロマーケティング
PRコンサルタント、ローコスト・ブランディング・プロデューサー
今井 英法(いまい ひでのり)です。

マハロPR塾へ、ようこそ。



今日のテーマは、スケール、大きさ、で表現しましょう、です。



よく使われるのが、東京ドームです。

六本木ヒルズは、東京ドームの9個分です。
括弧で注釈付きです→(東京ドームグラウンドの広さを基準とした場合)。

東京ドームのある文京区の生まれなので、イメージは浮かびますが、
文京区、巨人ファン以外の方は、どのように思われるのでしょうか。

とにかく野球場の9個分、大きいのね、でしょうか。

自治体の方であれば、市民と一緒に活動できれば
例えば、ギネスに挑戦の企画で、
市民・自治体と同じ想いで、イベントを盛り上がれるのであれば、
街も活性化するのでしょう。

以前、テレビで、長いのり巻きのイベントが放映されていました。

大きさであれば、大企業の対抗するのであれば、
ニッチで、または、小ささ、で勝負するのがいいのでしょう。

岡野雅行さんは、痛くない注射針の開発、
そして、岡野雅行さんの職人への誇り、
従業員のとの一体感で、大手マスコミで取り上げられています。

大きさ、小ささ、で勝負できる製品や社員は、いらしゃらないでしょうか。

ご参考になれば、幸いです。
では、また次回のマハロPR塾でお会いしましょう。


メルマガ【マハロPR塾】考えるマーケティングPR思考